2015/10/27

キノアウォッカ「FAIR」

糖質制限をしているので、最近は葡萄のお酒は控えめにしてウォッカやウィスキーを飲んでいます。私の態度や発言はおっさんぽいとよく言われ、それに対して自覚症状はないのですが、一人で晩酌をしていると、前世は間違いなくおっさんだったなあ〜と思います。

グレイグースやベルベデールなどのプレミアムウォッカは勿論美味しいのですが、最近のお気に入りはフェアトレードのキノアを原料としたフランスの「Fair」。フェアトレードということで、お酒を飲む罪悪感が軽減される気がします。

2015/10/25

静かなイビサ

観光客がいなくなりイビサは落ち着いた雰囲気になりました。昼間の気温は22°Cでまだ気候は良いので、海辺や街を散歩したり、夜は友達の誕生日会や週末開かれる小さなパーティーに行ったりしています。

イビサ在住の人々はシーズン中は忙しくてなかなか会えないので、オフシーズンのこの時期に集って仲良くなるのです。

2015/10/20

まだ続くクロージングパーティーと腱鞘炎

10月2週目でクラブのクロージングパーティーが終わったと思いきや、まだ週末は有名なビーチクラブやラウンジレストランのクロージングが続いています。

10月10日はKM5、11日はBeachouse, Heart Ibiza, Solomun@Pacha、17日はEl Chiringuito、18日はAmante、24日はNassauとHostal Salinas、25日はSunset AshramとElements、そして31日はBambuddha, Pikes, Hard Rock Hotelでハロウィンパーティーというように、イビサのお祭りはまだ止まらないようです。

もうパーティーって行く前に、これ着て、お化粧して、車ここに停めて、混みこみで~ とシュミレーションするだけで疲れます。実はパーティーより、パジャマのままソファーに寝っ転がってチワワをお腹に乗せてYouTube を見ながらお菓子を食べている時が一番落ち着きます。スマホのいじり過ぎで右手は腱鞘炎です。

2015/10/18

寿司ポイントディサポイント

イビサの夏が終わったという事が少しずつ理解できてきた今日この頃。風は冷たくなってきて、サンダルは寒くて履けないし、先週は風邪で寝込んだし、何だか寂しい気分です。

冬の週末はマリーナ・ボタフォークにある「Sushi Point」というお洒落なラウンジ・レストランが賑わいます。

昨日はここで始めてお寿司を食べてみてびっくり。鮪は臭うし、お米はお酢の味がしなくて芯があるし、魚はサーモンと鮪しかないし、これで7千円ってちゃぶ台があったらひっくり返したかったです。

でもデザートは竹に見立てた抹茶スポンジケーキがオリジナルで美味しかった。もうこのレストラン「寿司ポイント」から「ケーキポイント」に名前を変えたほうが良いと思います。

2015/10/14

イビサで肉体労働の日2

「ロレアル」の広告や仏版のファッション誌「エル」などの写真を手掛けるフォトグラファー、Eric Ceccariniさんに撮影をしていただきました。これらは「Geishas Ibiza Girls」という彼の個展に使用されるそうです。エリックさんのポートレートは心を写し出すようでパワフルで素晴らしい!

All photos by Eric Ceccarini
Makeup & Hair Giusi

キセルの煙草ってすぐなくなっちゃう





モモちゃんカメラ目線ばっちり

2015/10/13

イビサの美味しいもの パエリア雑炊

家の近くにある小さなホテル「Hostal Talamanca」のレストランにたまに行きます。タラマンカという長〜いビーチ沿いにあるので、犬の散歩して食事をするのに丁度良いのです。 

ユネスコの無形文化遺産に登録されているスペイン料理は、地中海の海の幸をふんだんに使用するのでとても美味しいです。

スペイン料理というと、まずパエリアが思い浮かびますが、秋から冬は雑炊のようなスープのパエリア「Arroz Caldoso」がお勧めです。

Hostal Talamanca
http://www.hostaltalamanca.com/

2015/10/10

サムゲタン謎のレシピ

最近イビサは20℃前後。朝晩は冷え込むので風邪をひいている人が多いです。スペイン流の左右の頬にキスする挨拶が風邪を蔓延させているに違いないと思い、なるべく顔が触れないように嫌々挨拶をしています。

気を付けていたのですが、私も風邪をひいたので韓国人の友達にサムゲタンのレシピを聞いたら下記を送ってくれました。

うーん、「霊界、カルクムハダ、鶏のヌリンネ」など不明な点もあるけれど、要は小さめの鳥を使って、ネギ類を入れたらスープの味が開運になるんだね。なるほど。とりあえず圧力鍋にイビサで揃う材料 - 鳥、生姜、ニンニク、ネギ、玉ねぎ、中華スープの素を入れて、一時間半煮込んでみたらすごーく美味しい。やっぱり風邪にはサムゲタン!


「サムゲタンの基本的な材料」

「霊界 - サムゲタンは鶏の中でも400gを超えない霊界にする。霊界は不明産む前生後6ヶ月までの鶏を指し薬として使われるし、「薬系(藥鷄)、約(藥)ひよこ」とも呼ばれる。以前は霊界を「連携(軟鷄)」としたが、まだ成熟していないから」幼く甘い鶏」という意味で、これでサムゲタンを作成すると、肉が柔らかく、沿海よりおいしい。

もち米 - 東洋医学では、穀類の中でも、米が最も評し性質と見大麦は冷たい性質、もち米は暑い性質とみなす。サムゲタンはよく暑い性質を持つもち米を入れ相乗効果を見ることができる。

高麗人参 - 「万能薬」と呼ばれるほど様々な効能がある高麗人参は、活性酸素を取り除く老化を防止し、新陳代謝を促進し、元気回復に好き疲れた体に元気を補充してくれる。ホット性質の鶏に熱い性質の高麗人参を加えると相乗作用をして薬効が倍になる。

ナツメ - 暖かい性質を持っているナツメはシートを温める血液循環を改善し、冷え性の治療に助けを与える。いくつかの材料が調和をなすようにする役割もする。

ニンニク - 体内の悪玉活性酸素を取り除く老化を予防し、癌を防ぐニンニクは体格が乾いたり、神経が鋭敏で、消化機能が弱く口当たりがないとき着実に食べれば有用である。鶏のニンニクをたっぷり入れてゴン汁は疲れた体力をそそるために十分である。

ファンギ - 代謝を促進して体内の水分代謝をスムーズに助け夏場の渇きを解消するために良いファンギは高麗人参に劣らず、夏場に有利な薬剤である。高麗人参と一緒に入れたり、人参の代わりに入れて栄養を加えて鶏のヌリンネを排除する。

エゾウコギ - 関節炎、神経痛、動脈硬化などに効果を見ることができる薬剤である。サムゲタンスープを沸騰させるときに使用すると、筋肉や骨を丈夫にする作用があり、元気がなく、食欲がないときオーラを盛り上げてくれる役割をする。

オムナム - 有名なサムゲタン家行ってみれば、ほとんどオムナムでスープを出して使用する。熱を下げ、肝臓を保護する効能があるオムナムをサムゲタンに入れると油を取り除くくれスープの味がさっぱりしてカルクムハダ。

波、タマネギ - サムゲタンをゴールと、ネギ、タマネギなどの香味野菜を入れるとスープの味が開運し鶏のヌリンネがなくなる。

銀行 - 血中の有害コレステロール値を下げる、血液の循環を助け、体内の毒素を排出してくれる銀行はナツメ、栗などと一緒に鶏の倍中に入れたり、スープに浮かべ有名に書く。」

Atzaro@Cala Nova

カラノバというイビサの東側にあるビーチのAtzaroホテル系列のレストランに行って来ました。Atzaroというのはイビサの5つ星ホテルです。何気ないサラダとパエリアだけど凄く美味しくてびっくり。カクテルも美味しかったし、のんび〜り、ダラダラするのにぴったりの場所です。

モモモデルデビュー

チワワのモモちゃんはビール祭りのモデルになりました。イビサでも1リットルジョッキのビールを飲みまくるドイツのお祭りオクトーバーフェストがあるらしいです。ビールは小っちゃいグラスに一杯飲めば充分だけど、ちょっとだけ行っててみよっと。

2015/10/08

Destino Pachaクロージングで喧嘩の日

昨日はDestino Pacha リゾートホテルのクロージングパーティーでSolomunのイベントでした。

ディープハウスを聴きながら、サンセットを見つつ、美味しいお寿司を食べて、モヒートが飲めるなんて、まるで極楽気分〜。

というのは束の間で、一緒に行った知り合いに落ち着きがなくて、自身の被害妄想から場を仕切り出して、パーティーだっていうのに鬱陶しくて喧嘩になり、ソロムンが出てくる前に帰りました。もー、何のために早く行ったんだか! やっぱりパーティーはいつもの能天気メンバーで行かないとダメみたいです。

2015/10/06

イビサで肉体労働の日

いつもイビサでボヤボヤしている私ですが、今日は久しぶりに肉体労働をして、勤労の素晴らしさを知りました。Pioneer DJのヘッドホンの広告モデルをしてきたのです。

撮影は素敵なプール付きのビラで行われ、ランチはBBQで、モヒート飲んだり、イケメンモデルと写真を撮ったり、何だろうこの仕事? むしろお金を払った方がいいんじゃないかと思いました。

今日はスタッフが皆んなイギリス人だから、テキパキしていて時間通りに終わって良かった。スペイン人と働くと最低2時間は伸びて、残業代は出ないので、スペインに居ながら、なるべくスペイン人と働かないようにしています。



 

























2015/10/04

イビサのキッチン生活

先週から毎日クロージングパーティーが続いていて、みんな死ぬ寸前まで遊んでいるようです。

親友の最近の悩みは、踊り過ぎで足首が腫れていて、フラットな靴しか履けないので、パーティーの時に何を着て行くかコーディネートに困っているそうです。何だろうこの悩み? イビサは今日も能天気という事でしょうか。

私は適度に出掛けています。私は音好きではなくて、飲みと遊び好きなので、クロージングパーティーでラインアップが凄いとかどうでも良くて、シャンパンを楽しく飲めればそれで良いのです。

私はイビサで一番家で料理をしていると自負する程、毎日いろいろな料理をつくっていて、かなりの時間をキッチンで過ごしています。

最近の悩みはオーブンが突然粉々に砕けてドアが開かない事。三日に一回ケーキを焼く、オーブンのヘビーユーザーとしては困った次第です。新しいオーブンをオーダーしましたが、イビサはなんでも遅いので、一カ月位かかりそうです。

最近はココナッツオイルが常温で固まるようになり、糠床は冷蔵庫に入れる必要がなくなりました。もう夏が終わったんだなぁとキッチンで寂しい気分になっています。