2013/02/25

イビサの変なスペイン語学校

去年はうかうかしすぎでスペイン語があまり上達しなかったので、最近は地元の人向けのスペイン語学校に通っています。

パスポートを見せて、20€(約2千円)を払えば、週三回、一時間のクラスがおそらく半年とれるという変な学校です。今まで他の学校で一時間の個人授業に五千円払ってたのは何だったんだろう。滞在許可証やビザのチェックがないので、スペイン語で受付ができれば誰でも入学できるという適当さです。おそらく国か市の補助金で運営されていると思うのですが、先生と生徒の質がひどすぎで面白すぎです。

まず、時間割はカタルーニャ語で書かれていて分かりずらいし、先生は10分遅刻してきても時間通りに終わるし、動詞の原形の活用をやってたと思ったら、何の説明も無しに未来形の活用させるし、未来形は二種類あるけれどその違いを質問しても教えてくれないし、どんな薬物を常用しているのか知らないけれど、毎回一人称単数の主語を間違える入墨だらけの生徒はいるし、ほんと、イビサらしすぎて震えがきます。

まあ、授業内容はどうであれ、語学はやる気と自習が重要なので、行かないよりましという学校です。わざわざ日本から留学しに来るような所ではないのであしからず。

2013/02/24

イビサのオーガニック野菜

今日は久しぶりの雨、最高気温は10℃でこの冬一番の寒さだったそうです。これで一番の寒さなんて、やっぱりここは過ごしやすいなあ〜。

今日はいつもマニアなサプリを売ってくれる健康ヲタの友達とイビサの北にある小さな村、Sant Miguel の少し手前にある農家にオーガニック野菜を買いに行ってきました。

イビサで採れた野菜と果物が中心に売られているので、とても新鮮でお手頃価格。イビサの野菜は何故かミニサイズのものが多くて可愛いです。

写真はミニそら豆、アボカド、大根、アーティチョーク。

2013/02/21

オーディオブック勉強法

たくさん時間のある私ですが、机に向って勉強したり、本を読んだりするのは好きではないので、近年はオーディオブックを活用しています。

オーディオブックとは書籍を朗読したもので、人気の本や言語プログラムはほとんど購入可能です。

移動の電車の中、家事、散歩をしながら聴けるので、かなり効率が良いのです。

フランス語の聞き流しプログラムで日常会話に事欠かない程語彙が増えたし、普通の本は英語版を聴くので英語を忘れないですむのです。最近はスペイン語を聞き流し中。現在の小さなゴールは5カ国後を話すことなので、こんな風に勉強しています。

2013/02/19

イビサの春と寒中水泳

イビサは一足先に春の陽気が続いていて、たくさんお花が咲いています。

健康ヲタク友達は毎日海で泳いでデトックスしているというので、真似して海に足を付けてみたら、一瞬で足がジンジンするほど痛くなりました。やっぱりいきなり寒中水泳は無理みたい。夏から毎日泳いで、徐々に寒さに慣れていくのがコツだそうです。

2013/02/16

やっぱりイビサが好き

ニースからバルセロナ経由でイビサに帰って来ました。冬のイビサは飛行機の乗り継ぎが悪いので、直行なら1時間半位の距離なのに、全部でかかった時間は7.5時間。でも最近の私は、今日中に着くからまあいいかと考えるので、6時間の乗り継ぎにあまり苦を感じません。東京で暮らしていた頃に比べて気が長くなった自分にかなりびっくり。

この冬は東京で二ヶ月半を過ごし、毎日のように美味しい物を食べたり、飲み歩いたりして、やっぱり東京が一番だなあ〜 と思ったのですが、イビサの潮風に包まれてみたら、やっぱり東京のコンクリートジャングルという環境は劣悪だと感じました。

犬から学んだこと

10日間、モナコとニースでのんびり過ごしました。最近は犬に合わせて生活をしているので、なんだか心安らかです。

チワワのキューイちゃんは買い物が大嫌い。ショッピングが長引くとワンワンうるさいので、最近はキューイの好きなことである散歩、ジョギング、日向ぼっこなどをよくします。

レストランに行く代わりに、大きな公園でサンドウィッチを食べたり、ショッピングモールではなく、ビーチを歩いて自然を感じるのはとても心地よいです。

2013/02/14

ニースの冬と犬事情

まだニースは冬ですが、既に桜が咲いていて、日本の春のような陽気です。昨日は海と空が真っ青に見える程快晴で気持ちが良かったです。

犬の散歩をしていると、色んな人が話しかけてくるのが面白い。フランスは犬を連れて何処でも行けるので、街で多くの犬を見かけます。老人はヨークシャテリアとシーズーが好きみたい。(ニースは気候が良いので老人が多い)また街を歩いているとフレンチブルドックを多く見かけます。いつもブーブー言ってて凄く可愛い。

2013/02/11

ニースのベストピザ

ニースで美味しいピザを食べたい時はLes amoureux がお勧めです。シェフはナポリタンなので本物のナポリピザを味わうことができます。フランスでピザなんて、少し変な気がしますが、ニースからイタリアの国境まで一時間なのでイタリア人がたくさん住んでいるのです。

2013/02/09

ニースで療養中

スイスで数日を過ごし、またニースに戻ってきました。今日は約15℃なので、レストランのテラスで食事をしている人がたくさんいるほど暖かです。

最近は精神的に疲れているので、暖かいニースでチワワのキューイちゃんに癒されながら療養中です。日本でのバカンスから帰ってきたばかりだけど、またバカンスが必要だ〜

2013/02/08

スイスの長~い冬

久しぶりにスイスに戻ってみたら、全てが雪に覆われていて、昨日の最低気温は-13℃でした。ニースは春の陽気なのにスイスはまだまだ長い冬が続きます。

スイスで美味しいものと言えば、放牧され、アルプスのハーブを食べて育った牛と山羊乳のチーズです。でもスイスの代表的な料理であるチーズフォンデュとラクレットはうんざりなので、アペロにスイスの赤ワインとグリュイエールチーズを堪能しました。

スイスはたまに遊びに来る位が丁度良いと再確認しました。

2013/02/05

フランスはワンコ天国

フランスでは言語の美しさ、ワインとチーズの種類の多さと美味しさ、シャネルやヴィトンなど有名ブランドの洗練された職人技など、感動的な事は幾つもありますが、私が特に感銘を受けたのは、犬を受け入れる環境が整っている事です。

レストランやカフェでは室内でも犬は歓迎で、犬用の水まで出してくれます。犬が椅子の上に上がっても、ちょっと吠えても人々はあまり気にしていないよう。ショッピングモールでも犬を連れて買い物している人々を多くみかけました。

同じヨーロッパでもスペインではこうは行きません。何でもルーズなイビサでも、レストランなどで犬はテラス席にしか連れて行けないのです。

だから、常に犬と一緒にいたい人はフランスに住むのが良いようです。

キューイちゃんと再会

ニースでバカンスを過ごしていたチワワのキューイちゃんと涙の再会をしました。いつの間にかフランス語が達者になったようで、預けていた友達のいう事をよーく聞くお利口さんです。

南仏ニースと今年の抱負

長かった日本でのバカンスを終え、南仏のニースに来ています。気温は約17℃、春の陽気で過ごしやすいです。

日本にいた時は、自分がヨーロッパで生活しているなんて夢の中の出来事のように思えたのですが、フランスに来た途端に、日本で起きた事全てが夢のように感じます。

本当に人生は儚い夢のよう。夢見心地のまま死んでいかないように、今年はしっかりしないと! というのが今年の抱負です。