2013/12/31

忘年会納め@Westin

今年最後の忘年会はウェスティンホテルの龍天門。最近何でも恵比寿で済ませています。本当に便利な街なので独房契約更新考え中。

ウェスティンは久しぶりだったけど、飲茶は美味しいし、ホテル全体が落ち着いた大人の雰囲気だったので癒されました。

恵比寿 火鍋と鹿狩り

コラーゲンたっぷりの美肌火鍋を食べました。今更ながら火鍋の美味しさに気付いて大感激。日本の冬は鍋と日本酒が最高です。

その後は鹿狩りへ。やっぱり日本っていいな〜。なんだかんだ、まだ恵比寿の自主収容所にいます



2013/12/29

東京サブリミナル効果

東京生まれ、東京育ちで、親戚も家族もみんな東京に居るので、日本に住むなら東京しかないと思っていますが、コンクリートジャングルは街もメディアも物質主義を煽るサブリミナルメッセージで溢れているので、油断して洗脳されないように自分を律する今日この頃。
 

2013/12/27

自殺幇助は合法。スイス安楽死ツアーの実態

ニュースの深層をお届けする「Japan In Depth」で私が書いたコラムが更新されました。今回は自殺幇助が合法な国スイスの世界最先端の安楽死制度についてです。

http://japan-indepth.jp/?p=2045

日本ではご存知の通り、安楽死も尊厳死も認められていません。自分の死をどう迎えるのか。これを機会に考えてみませんか?

Japan In Depth




2013/12/25

酒ソムリエになりました


日本でやろうと思っていた事の一つ、利き酒師の資格をとりました。

日本にいる間は普段ワインを飲むように、お米のワインである日本酒を楽しんでいます。

低迷気味の日本酒業界ですが、これからはもっと世界に日本酒を広めていきたいです。イビサでも少しずつ日本酒の認知度が高まってきています。

罰ゲーム終了!

恵比寿に引っ越して数ヶ月が過ぎたような気がしていたのですが 実はまだ3日。猫の額ほどの部屋に一人でいると暗い気分になるので実家に戻ってきました。

実家のお風呂は広いし、ご飯は美味しいし、部屋が複数あるって素晴らしい。親の有り難みを再確認した罰ゲームでした。

鰻の寝床は氣が悪い

友達が忘れ物を届けに私の鰻の寝床に来たら、着いた途端「わっ! この部屋は氣が滞ってます。でもこの部屋というかビル全体が駄目です」と言い「ここにいると氣が下がるので、、、」とすぐに帰ってしまいました。

ママはこの部屋見て泣いちゃうし、囚人気分は佳境に入りました。

その友達に「部屋の床が超汚い」と私の外国風室内土足生活を指摘されたので、こんな変な部屋 土足でいいでしょうと思っていた心を改め、床を水拭きして塩を蒔いて、ついでに気休めの盛り塩もしました、、、私 何やってるのかしら、、、もうそろそろ実家に帰ろうかな、、、

2013/12/23

「酔生夢死」と飲酒

先日、「酔生夢死(すいせいむし)」という熟語を学び、顔面を拳で殴られたかのような衝撃を覚えました。

この意味は

「酒に酔ったり、夢を見ているように、価値あることを何もせず、うかうかと一生を過ごしてしまうこと」

「本来の面目を自覚することなく、ぼんやりと一生を送ること」

「酔生夢死」を避けるためには、読んで字のごとく、酒がポイントになると気が付いてはいるのですが、未だ宴に興ずる意志の弱い私。でも最近はお酒の量に注意しながら宴を楽しんでいます。全ての始まりは小さな一歩から。

独房でさえも住めば都

「小さな部屋に住んでいるときは、出かけまくればいいんだよ」と友達からアドバイスをもらい、その手があったかと、昨日は忘年会に行ってから、Origamiで開かれたパチャ東京協賛の"Coup!"というイベントに行って、それからWombで開かれたWAアフターパーティーに行って、朝5時まで遊んだら気分は爽快です。

恵比寿駅徒歩3分という便利な立地だし、独房もそんなに悪くないかも・・・と思い始めたら、母が泣きながら電話してきて 「家賃を半分負担するから今すぐに家に戻ってきて」とか、父までも 「このマンションは終電を乗り過ごした時だけ使えばいいじゃないか」とか言ってきました。意外に私、実家で好かれていたのかも。

独房に一人でいるといろいろ考えます(すっかり囚人気分)。 南アのアパルトヘイト博物館で見た独房はもっと小さかったし、窓がなかったから、ここの方がましかとか、大学の寮は二段ベットだったから、そのほうがよっぽど刑務所みたいだったなあとか、ロンドンでホームステイしてた時は、チャールズ皇太子が設計したという、重要文化財の建物に住んでいたけれど、隙間風がひどくて室内でダウン着てたっけなどなど。

まあ、忘年会と新年会が終わってから住居の事を考えようっと。




2013/12/22

もうこの罰ゲーム嫌だ

実は今日からマンスリーマンションに引っ越しました。都心部で駅近の物件はほとんど満室だったので、ネットで見つけた部屋を下見しないで借りてしまいました。

マンスリーマンションって狭くて嫌です。特にバスルームがありえないくらい狭いです。そして暖房をつけるとガタガタうるさくて、止めると寒いし、もう何なのこれ。

引っ越しの荷物を片付けながら、これって罰ゲームか何かだったっけ?と訳が分からなくなり、もうイビサに帰ろうかと思いました。

やっとのことで引っ越しの荷物を片付けたら、母が私を追い出した罪悪感からか電話してきて、「一か月の契約が終わったら帰ってきていいから」と言ってきました。この意味不明なゲームは一か月続きそうです。

2013/12/21

東京で一人

東京にいる間は実家にいたのですが、数か月日本にいるなら、マンスリーマンションでも借りてくれと、追い出されてしまいました。

なんで3つ余ってる部屋があるのに、狭くて高いマンスリーマンションを借りなきゃいけないんだろう?イビサの生活様式が身についてしまった私は家庭の風紀を乱すのかもしれません。

18歳の時から海外で一人暮らししてきましたが、東京での一人暮らしは初めてなので、ちょっと楽しみ。

日本って本当にすごい

昨日はゴルフレッスンに遅れそうで焦っていて、日比谷線内で携帯をなくしてしまいました。

打ちっぱなしに到着してからその事に気が付き、連絡先のバックアップはとってあるからいいけど、あんなメールやこんなメールを人様に見られたら切腹するしかないかも、、、とレッスンに全く集中できませんでした。

絶望感におそわれながらソフトバンクに行く途中、一筋の望みをかけて中目黒駅の落とし物受付に寄ってみたら、なんと、私の携帯電話が届けられていました!!!

私が在住するスペインの祭り島では、バーで飲み物を受け取りお金を払う時、カウンターに携帯を置くと一瞬のうちに掏られたり、クラブで踊っている時にバックから貴重品を抜き取られたりするので、無くしたものは絶対に見つからないと思い込んでいたのです。今日は日本人の親切心に大感動しました。

公園でゲーム


昨日の大雨と雹とはうって変わって今日は晴天の土曜日。家の近くを散歩していたら、公園のベンチに座ってゲームをする小学生を発見しました。

この子達の親は 「うちの子は健康的に外で遊ぶのが好きだ」とか思っているのかな?私も、密かに親の期待を裏切る、こんな小学生だったな〜 と何だか懐かしく思いました。

2013/12/19

日舞とゴルフと気功

芸者ダンサーの嗜みとして日本舞踊の稽古をしています。背筋をピンと伸ばし、お腹を引っ込めた状態のままで立ったり、座ったり、回転したり、同時に扇子を扱うので結構難しいです。一時間の稽古の後は汗をかくほどの運動量。日舞って侮っていたのですが本当に舞踊でした。

ゴルフレッスンでも体の軸を真っ直ぐ保つように言われます。日舞とゴルフだけではなく、全てのスポーツ、ヨガ、太極拳、瞑想、あとクラブでの踊りさえも、体の軸がポイントとなるので、呼吸を整え、百会(頭の上)からエネルギーを取り込み、体内に氣を通す大切さを再確認しています。

2013/12/18

茸フレンチ Mushroom

恵比寿にあるキノコをいかしたフランス料理店、Mushroomに行ってきました。

香り高い旬の黒トリュフ、海藻のような食感のハナビラ茸、後はよくわからないけれど美味しい様々な種類の茸がでてきます。ベジ対応もしてくれます。

2013/12/16

菜食健美ベジパーティー

菜食健美というベジレストランのクリスマスパーティーに行ってきました。

七面鳥風の大豆ミートや肉魚を使わず趣向を凝らした料理の数々に感激。最近和食が世界文化遺産に登録されましたが、ベジ和食である精進料理もかなりレベルが高いです。

2013/12/15

会議@マリアージュフレール

iphone用アプリ開発チームの会議は、私の希望にて銀座のマリアージュフレールですることが多いです。銀座マダムに囲まれながら完成間近のアプリの動作確認をし、デバッグするのもまた一興。

2013/12/11

クラシック音楽の普及

銀座ヤマハホールで開かれたクラシック音楽のコンサート「ウィーンの至宝〜」に行ってきました。世界で五万台しかないという、ベーゼンドルファー社の一億円のピアノを奏でた安達朋博さんの天然トークと演奏に大感激。

何で日本では年配の人しかクラシックコンサートに来ないんだろう? 若者にクラシック音楽を普及させるアイデアを考え中です。

2013/12/10

武蔵小山にて

この町とっても変なので、歩いているだけで愉快な気分になります。

2013/12/06

ゴルフと高校時代

最近、秘密結社のようなゴルフ部に入部させて頂いたので、久しぶりに打ちっぱなしに通っています。

新しいクラブを握り打席に立つと、高校の頃一年間だけ入っていたゴルフ部の記憶が蘇ってきました。

「何でゴルフ部なのに走らなきゃいけないの?」と文句を言いながらグラウンドを歩き、学校から打ちっぱなしまで行く間に煙草を吸い、打席の順番を待つ間に先輩の悪口を言っていたのが、つい最近のように感じます。月日が経つのは本当に早い。

「不真面目な人は退部して」とゴルフ部を追い出され、その後は暇を持て余してカラオケ、ゲーム、パーティー、合コンに興じた高校時代が懐かしい。

でも、いつもそんな事をしていたからこそ今となってパーティー関係の仕事ができるのだと思い、人生に無駄な事は一つも無いと感慨深い今日この頃です。

2013/12/05

ライター業本格再開!

通訳、翻訳、ダンサーの派遣、イベント企画、アプリ開発、などご縁を活かしながら、できることは何でも仕事にしている私ですが、実は書く仕事が一番好きです。

2013年10月1日から、元フジテレビ解説委員でジャーナリストの安倍宏行さんを編集長として、新ウェブ・メディア『NEXT MEDIA “Japan In-Depth”』がスタートしました。

財界の大物、大学教授、政治ジャーナリストなど各界の専門家が執筆者となり、注目のニュースや話題を深く掘り下げつつ、分かりやすく解説するという面白いサイトです。今週から私も寄稿させていただくことになりました!

私の記事はこちら。「低価格・迅速・多様なオプションを持つ『不妊治療ツアー』で人気な国、スペイン

人生の半分以上を海外で過ごしたインターナショナルな視点を生かしつつ、あまり日本では知られていないディープなヨーロッパの話題を中心に書いてゆきますのでお楽しみに。

http://japan-indepth.jp/

2013/12/03

湯河原「海石榴」

一泊二日で湯河原の老舗旅館「海石榴」に行ってきました。浮ついた所が全く無い古風な旅館で、純和風過ぎて堅苦しい雰囲気でしたが、お料理が全て美味しくて大感激。

紅葉を見ながら温泉で癒されました。やっぱり田舎っていいものです。

安い旨い態度が悪い

最近よく武蔵小山に出没します。駅前商店街は下町っぽくて和むし、安くて美味しいお店がいっぱいあるのです。

先日はおでん通に勧められた小さなおでん屋に行ってきました。でも店主のこだわりがありすぎて、オーダーする時は店主の手の空いた時でないと無視されるし、常連客に気を使いつつ、静かにしなければいけない雰囲気で、おでんは美味しかったのですが後味が悪かったです。もう二度と行きたくない店だわ。

2013/11/30

特定秘密保護法案の批判だけでなく、情報公開法の強化を

http://japan-indepth.jp/?p=1625 by 蟹瀬誠一(国際ジャーナリスト/明治大学国際日本学部教授)

2013/11/29

田舎家とフェティッシュ

久しぶりに六本木の田舎家に行って来ました。炉端焼きって気分が和むので好きです。板さんの「椎茸焼きあがりました〜」という威勢のよい掛け声と升酒の木の香を堪能した後は、ミッドタウン近くのフェティッシュバーへ移動。


ピチピチでテカテカのエナメルのショートパンツを身に纏った格闘家が店長を務めるこの店は、行くたびに面白い人がいるので、暇つぶしにもってこいなのです。この晩は全裸でオムツと猫の仮面を付けた一般客を発見。東京って凄い。

私の連れは、デコルテ全体と足全体に妖怪の刺青をいれた店の姉さんに「カテーテルいかがですか」と聞かれ、本気でビビっていて笑えました。これは今日の新しい単語です。フェチ用語は本当にややっこしいので、ラテン言語の方が簡単のような気がします。

 
赤いキャンドルのデコレーションは私のデザイン

アラフォー独女の結婚観

最近、アラフォーのエリートキャリアウーマン数人とお食事会をしました。みんな素敵な女性なのですが、一度も結婚したことがないから、結婚して子供を産みたいそうです。都心部にマンションを所有している高給取りでも、やっぱり様々な面で頼れる男性と一緒になりたいんだとか。

私は、シングルでも、結婚しても、離婚しても、子供がいても、いなくても、ペットを溺愛してようが、その人が幸せなら何でもいいと思うのですが、彼女たちは、数年で離婚するとしても、一度は結婚してみたいと言っていました。

彼女たちの話を聞いているうちに、みんなプライドが高くて結婚できないんだ~と気が付きました。みんな傷ついたことあって、もう傷つきたくないから、守りに入っているのかもしれません。

あと、キャリアを積み、年を重ねるごとに、頭でっかちになって考え過ぎてしまうよう。男女共にちっぽけなプライドを捨てて、自分の本当の気持ちに素直になったら少子化問題が解決されるのかもしれません。キーワードは捨て身です!

髪の毛の記憶と断髪式

わー、最近髪を20センチ切ったら、結構不評でどうしたらいいかわからないよー。母は「そんな髪型あるのね~」とか、「自分の希望でそういう風にしたの?」など訳のわからない質問をしてきたので、「そうですけど、それが何か?」と、久しぶりに人を怒鳴ってしまいました。

でも、4年前から伸ばしていた髪を切ったら、その間のモヤモヤした記憶が断髪と共になくなり、人生がリセットされたようで気分すっきり。失恋して髪を切るとすっきりするといいますが、昔の記憶って髪の毛の中にインプットされている気がします。

2013/11/28

恵比寿飲み屋横丁



中学生の時から行きつけの、恵比寿ストアと飲み屋横丁に行って来ました。

昔はここに八百屋や魚屋などのローカルな商店が並んでいて、その中にソニプラみたいなインポート雑貨の店があったので、中学生の時からここを流し、恵比寿から代官山に歩きながらいつもショッピングをしていました。懐かしいな〜

変な日本人

原宿でポップコーンを買う為に長蛇の列をつくる人々を発見。日本には沢山美味しい物があるのに、この人達はポップコーンの為にこんなに時間を費やすんだ。こういう行列を見るたびに、この国って何かがおかしいと感じます。

2013/11/25

コンラッド東京「コラージュ」

コンラッド東京内のモダンフレンチレストラン「コラージュ」に行って来ました。味も見た目も芸術的で大感激。

本場のフランス料理と比べると、バターと塩味が控えめでちょっと日本風。アメリカ人だったら文句を言い出すのではないかという程、全てのプレートはミニサイズだったけれど、毎日でもいけそうなさっぱりフレンチに大満足でした。

2013/11/24

スペイン大使館とOrigami

一昨日はスペイン大使館でホームパーティーでした。このイビサ異端児グループといるといつも笑いが絶えません。

バースデーケーキまで用意して頂き、やさぐれ終了です。やっぱり愛が足りなかったので私、最近やけっぱちになってたみたい。

その後は東京クラブ事情調査の為、 表参道の新しいクラブ Origamiへ。わ〜 この日は音楽が良くて楽しかった。でもワイン、シャンパン、テキーラ、ヴォッカのチャンポンは良くなかったようで、またやらかしてしまいました。ちょっと反省中。

2013/11/22

やさぐれコードルージュ

素直をモットーにしている私ですが、最近やさぐれています。近頃精神的に本当にきついです。

昨日は六本木のLEGAを貸し切って、コードルージュという南仏ワインの日本初上陸を記念するパーティーが開かれました。

ワイナリー関係者やワイン業者のフランス人がいっぱいいて、フランス人って気取ったイメージだったのですが、けっこうみんな飲んだくれてて、かなり笑えて、ちょっとやさぐれるのを忘れたひと時でした。

最近は無理やり口角を上げて、気分を上げています。これは心理学的に有効な方法なのです。

2013/11/21

もうやけくそ

いろんな出会いがあって、別れがあって、ふられたり、好かれたり、騙されたり、チャンスが回ってきたり、愛犬が死んだり、宝クジに当たったり、人生いろいろあって、頭で考えすぎると訳が分からなくなって、もう人生どうでもいいやとやけっぱちになることがあります。そして今日は丁度そんな気分。

あー、よかった今夜はクララの飲み放題ワインパーティーで。また今宵もやけっぱち。

2013/11/19

日本酒ソムリエ勉強中


今日は珍しく早起きして、利き酒の学校に行って来ました。イビサで日本酒が流行りつつあるので、利き酒師の資格をとるために勉強中なのです。

今日は日本酒の製造方法などの基礎、どのようにお酒の味を言葉で説明するか、食べ物との合わせ方などを学びました。

日本酒ってお米が原料なのは知っていたのですが、普段食べるお米とは違う種類で、しかもすごく値段が高いお米が使われているとか、精米、酒母造り、醪造りなど高度な技術が使われていることを知り、日本酒造りの大変さを学び、これからは心して日本酒をいただこうと思いました。

日本ではヨーロッパのワインは値段と味が見合わないし、居酒屋では美味しいワインは置いていないので、日本滞在中は米のワインである日本酒をよく飲みます。ラベルの読み方もわかったし、これからもっと日本酒選びが楽しくなりそうです。

逆カルチャーショック

早起きして田町の駅前を歩いてみたら、煙草マークがついた喫煙エリアの枠の中にきちんと入って煙草を吸っている人々を目にして驚き、そして感動しました。

公共の場ではカナビスの香りが漂い、夜が耽ると中毒者が徘徊する、遊びを極めた大人のリゾートで暮らしていると、日本の何気ない風景を目にするだけでも、我が国民の律儀さに心打たれます。屋外で自由に煙草が吸えないなんていう滑稽な条例を守れるのは絶対日本人だけだと思う。そして携帯灰皿を律儀に持ち歩くのは日本人だけ!

2013/11/17

雑穀カフェ・キーツハウス

今日はのんびりダラダラと癒しの時間を過ごしてから、「キーツハウス祐天寺」という雑穀カフェに行って来ました。しょっちゅうグルメなレストランで食事をしている私ですが、本当はこういうシンプルなヘルシーカフェ・レストランが好きです。

古い民家を改築したこのカフェは、昭和初期の人情味溢れる東京を彷彿させ、ちょっと油断したら、押入れからお布団出してきて、実家感覚で泊まっちゃうくらい和めました。

今回は雑穀米のビビンバ、野菜だけのミネストローネスープ、全粒粉のワッフルをオーダー。雑穀は噛めば噛むほど味わい深く優しい味で、最近疲れ気味の心と胃腸が癒されるのを感じました。あ~、毎日毎食雑穀がいいわ!雑穀好き嫌いに拘らず、これらの微妙な味わいを感じられない人は、「アミノ酸等」などの食品添加物で味覚がやられている可能性があります。

Michel Camiloコンサート

昨日は表参道のブルーノートにMichel Camilo & Big Bandのコンサートを聴きに行きました。小さな舞台は多数のビックバンドメンバーが舞台から落ちそうな程ひしめき合い、客席は超満員という熱気に包まれコンサートはスタート。

私の席はMichel Camiloの真後ろだったので、彼の大迫力のピアノの演奏に感動しました。

その後は六本木のR2で友達と少し飲んでから、真夜中過ぎまでやっている隠れ家整体で骨盤の歪みを正してもらい、リフレッシュ。今週はバースデーウィークだったので、飲み過ぎ食べ過ぎです。
 


2013/11/15

静かなバースデー

11月14日は私のバースデーでした。そういえば8年前のこの日にブログを書き始めた事を思い出し、それから人生色々あったなあと感慨深いです。

昨日は西麻布の小さなお寿司屋さんに行ってから、渋谷道玄坂のよくわからないセレクトショップ兼飲み屋に行き、ひっそりと誕生日を祝って頂きました。

ここ数年は人生の転機だと感じているので、これからどう変化していくのか楽しみです。

2013/11/14

バースデーおでんとコットンクラブ

 
 
昨日は西麻布の「かぶいて候」というレトロな雰囲気のおでん屋さんでひっそりと私の誕生日会が開かれました。シャンパンを持ち込み、バースデーケーキの代わりにバースデーおでんというのもまた一興。

その後は丸ノ内のジャズクラブ、コットンクラブへ移動しました。昨晩はUKジャズ界を牽引する伝説のサックス奏者と言われているコートニーパイン(Courtney Pine)のコンサートを鑑賞して、東京は世界のトップアーティストが代わる代わる来て本当に凄いな〜などと考えながら、仲の良い友達に囲まれ幸せなバースデーを過ごしました。

2013/11/13

両親とお寿司

久しぶりに両親とお寿司屋さんに行きました。寿司職人の華麗な手さばきを見ていると、お寿司は日本の心だな〜と思います。

あと何回、両親と食事ができるんだろう。親孝行は親が生きているうちにしておかないとと自分に言い聞かせています。

銀座888ビル 銀座矢部

銀座八丁目八番八号 銀座888ビルという縁起が良さそうなビルに入っている 大人の和食屋 銀座 矢部に行って来ました。

虎河豚の白子、松茸の土瓶蒸し、繊細な手打ち蕎麦に大感動。一番印象的だったのは、秋刀魚の骨とハラワタを取り除き、ハラワタの苦い部分以外を入れ直して焼いた、芸術的な秋刀魚の塩焼きでした。和食って本当に繊細で凄い。

銀座矢部
http://www.ginzayabe.com

2013/11/11

精進料理と中庸の徳

東京にいる間は、菜食健美という現代風精進料理レストランによく行きます。ここの料理は出汁も含め、肉魚を一切使用せず、ニラ、にんにく、ねぎ類等の野菜(五葷ごくん)も使用されていません。

かれこれ10年ベジタリアンを目指している私ですが、最近は調子に乗って魚介類を食べていて、常に罪の意識に苛まれています。菜食をしていると気が楽なだけではなく、消化が良いので体も楽です。

昨日は季節の野菜を使った様々な料理を食べながら、最近の私はぶれていたなあ~とか、六本木の人々はいい加減な飲んだくればかりだな~などと考えながら、ズレていた自分自身の軸を正して、中庸の精神を育んでいかないと・・・と再確認しました。

「中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮(すく)なきこと久し」(孔子、論語)

現代語訳
「中庸(囚われや偏りがない)の徳には至上の価値がある。しかしそれに従う人々は近頃少ない」