2012/07/31

イビザでお仕事


いつも遊んでばかりの私ですが、イビザでは少しお仕事も経験してみました。プリビレッジ(Privilege)という世界一大きなクラブで行なわれている、The Face of Ibizaというパーティーのプロモーションとダンサーをしたのです。今年このパーティーは、東京の巨大クラブ、ageHaとコラボしています。

でも、午前4時から踊る夜のお仕事は、昼間に海で泳ぐ元気が無くなるほど、体力的にきつくて3週間でギブアップ。踊る前に玄米食べても、イビザのケミカル派についていくのは間違いなく無理でした。でも、クラブ関係のお仕事をしているちょっと変わった友達がいっぱい出来て面白かったです。

2012/07/30

イビザでボートパーティー

昨日は大きなモーターボードでエスベドラ(Es Vedra)という、イビザの近くにある島に行ってきました。この島は磁力が強く、パワースポットとして有名です。

島の周りは波が渦を巻いているようで、水の流れが早くて少し泳ぎずらかったのですが、水がすごく綺麗でした。

豪華なボートではカクテルやシャンパンが飲み放題で食事付き。実はパワースポットよりもシャンパンパーティーの方が面白かったです。最近はお酒を飲まないようにしていたのですが、久しぶりのシャンパンはやっぱり美味しかった。

2012/07/28

不二家商標違反疑惑

「不二家商標違反疑惑」って、全部漢字だと日本語なのに中国語みたいで素敵! まあ、そんなことは良いのですが。


昨日イビザのスーパーでミックスナッツを買ったら、その袋に金髪のペコちゃんを発見!ちなみにスペインでは「ミス パロミータ」という名前のキャラクターです。このヒマワリの種などのスナック菓子メーカー、Churruca社は1932年創業。不二家がペコちゃんを採用し始めたのが1950年なので、戦後の混乱期に不二家がミス パロミータを茶髪にしてパクったのかと思って調べてみたら、そうではなく、Churruca社の方が商標違反をしているようです。

スペインは北ヨーロッパに比べて、いろいろな規則がゆるいので、他にも商標違反をしている商品を多数見かけます。こんなんだから、スペイン経済の信用不安は仕方のないことだと思う。

参考ブログ

http://blog.livedoor.jp/huckleberryfinn1/lite/archives/51748288.html

「このスナック菓子メーカーCHURRUCAは1932年創業、古くからコックのおじさんの顔で親しまれ、海外にも輸出している老舗。80年代後半から家業を継いだ2人の兄弟が不仲になり、2人がそれぞれ別々の場所でこのCHURRUCAの名前を語り菓子製造を続けていたらしいのです。で、オジサンを使わなかった(使えなかった?)方の派閥が数年前、金髪のペコちゃん=Miss Palomitaをニューフェイスに抜擢したようです。(但し、その裏づけとなる記事には出会えず)それが昨年7月、CHURRUCAの名前とオジサンの顔がオークションにかけられました。闘争中の兄弟の片方が712万ユーロ(何億だよ?って額です)で見事落札、長年のお菓子をめぐる兄弟喧嘩の決着が付いたようです。」



Posted by Picasa

2012/07/26

お寿司はイビザの人気者

近年ヨーロッパでお寿司は大人気。イビザでもいたる所でお寿司を食べることができます。イビザでお寿司に関連する面白い物をいくつか見つけました。


「food & sushi」 というレストランの看板
まるで寿司はフードではないというようなニュアンス
「私は寿司が好きです」というセクシーな(?)ブリーフ
「I Love Sushi」 という下品なTシャツ
  
今日のカクテルは、ブラジルの代表的なカクテル、カイペリーニャではなくてカイピサケ
カシャーサ51の代わりにお酒を使っています。

レストランの看板
寿司とサングリア(フルーティーなワインのカクテル) って
絶対合わない取り合わせ!


まあ、何はともあれ、日本文化がヨーロッパでうけているのを目にするのは、お寿司の国の人間としてはうれしい限りです。

2012/07/21

ナチュラル泥パック @ Sa Caleta

イビザにはミネラルを豊富に含む泥ビーチがいくつかあり、ここでは無料で全身泥パックをすることができます。

ビーチの周りの赤土に海水をかけて柔らかくし、それを全身に塗って乾燥させ、その後、海で泳いで泥を洗い流します。古い角質と毛穴の汚れがとれるので、泥パックの後のお肌は柔らかくすべすべ。

イビザでトップレスは当たり前なので、私も最近はその風習に従っています。

イビザの違法レストラン

スペインでは、魚は一度冷凍してからでないとレストランで出せないという規定(注1)があるのですが、その日に捕れた魚を冷凍しないで出す、違法レストランにいってみました。

Talamancaの先、Punta Grossaという半島に位置するこのレストランは看板が出ていないので、すごく分かりづらかった!ちょっと心配になりながら舗装されていない海岸沿いの真っ暗な道の中を進み、ポツンと佇む海の家のような仮設店舗を発見。テーブルと椅子はプラスチックでグラグラしたけれど、雰囲気はよく、新鮮な魚は美味しかったです。

(注1)
寄生虫予防の為に24時間以上冷凍する規定。

「A government decree introduced this week has forced all restaurants to freeze fish and shellfish for up to 24 hours to try to combat a worm-like parasite called anisakis, which can harm humans.(Fresh fish is taken off Spanish menus after parasite alert www.independent.co.uk 14 Dec 2006  )」
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/fresh-fish-is-taken-off-spanish-menus-after-parasite-alert-428357.html

2012/07/15

パーティー ハード in イビザ

イビザでは毎日様々な趣向を凝らしたパーティーが行われています。昨晩はサンアントニという場所にある動物園だった場所をディスコにしているZoo Projectにいってきました。テーマはもちろん動物なので、お客さんもダンサーも動物ボディーペイントをしている人が多くてなんだか楽しかったです。

2012/07/08

イビザの田舎ホテル Es Cucons Hotel

イビザ島の北西、Santa Agnes にある Hotel Rural Es Cucons というホテルにシエスタ(昼寝)をしに行きました。イビザは街から少し離れると、自然がいっぱい。鳥の声とそよ風を感じながらのシエスタはすごく気持ちよかった!




イビザのパーティーピープル

最近真夜中のイビザの街はパーティーピープルで賑わっています。特に旧市街のゲイストリートは美しいトランベスタイト(女装者) やマッチョなハンサムがいっぱいいて、目の保養になります。

2012/07/04

イビザ満喫中

イビザはすっかり真夏です。7月になり観光客がすごく増えました。

2012/07/02

ユーロカップ Viva España

今夜はサッカー、ユーロカップのスペイン対イタリアで、スペインが勝ったので、いつも賑わってうるさいイビザの街がいつもに増して凄い事になっています。

サッカーがやっていた時間は、全ての人がテレビのあるバーやレストランにたむろし(テレビの無い店には誰も人がいない)、その後はクラクションを鳴らしながらスペインの国歌を大声で歌う車や、街でラッパを吹いたり、「オーレオレ、ヴィーヴァ スパーニャ」と歌う人がたくさんいて、凄い騒音です。街で騒ぐサッカーファンて馬鹿みたい。