2012/04/27

芸術とは? What is art?

訳: 芸術なのか、そうでないのか、どうやって解る?

これは、ニースの現代美術館で見つけた作品の一部。このアーティストは、20世紀アートに最も影響を与えた芸術家の一人であるマルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)がそうとう好きみたい。私はコンセプチュアル・アーティストであるデュシャンの作品は好きではないのですが、彼の哲学には考えさせられます。

デュシャンの名言 (Citation de Marcel Duchamp)

「芸術作品についての最後の判断を下すのは見る者なのだ」
 (ce sont les regardeurs qui font les tableaux)

「そもそも、死ぬのはいつも他人ばかり」
(D’ailleurs, c'est toujours les autres qui meurent)

「私は働くよりも、生きて、呼吸をしているほうが好き。(働きたかったけど、巨大な怠惰心が私の中にあった)」
(J'aurais voulu travailler, mais il y avait en moi un fond de paresse enorme. J'aime mieux vivre, respirer que travailler)

2012/04/25

Ibiza Event Calendar 2012

5月24日にイビザの有名クラブ、Pachaで開かれるのDavid Guettaのイベント、"F*** Me I'm Famous" を皮切りに、10月の1週目までイビザのサマーシーズンが始まります!世界中のトップDJが集まり、毎日何かしらのイベントがあるので楽しみです。

Dear my party friends, here is the Ibiza event calendar of summer 2012. The season starts on May 24th with David Guetta "F*** Me I'm Famous" at Pacha and every night there is something to do until the first week of October.

イビザのクラブのイベントカレンダー Ibiza event calendar, 2012
http://www.ibiza-spotlight.com/night/club_dates_june_i.htm?aid=100

ミラノにて Milan, Italy 2

ミラノには何回も来ているけれど、いつも買い物で忙しくて観光したことがないので、今回はイタリアのゴシック建築の傑作といわれる大聖堂に入ろうと思ったら、ミニスカートだったので入館拒否。イタリアの割りに規則が厳しくてびっくり。

なのでいつも通り、大聖堂周辺のショッピングエリアを歩き回りました。そうしたら、洋服や靴などのオフシーズン商品を量り売りしている店を発見。中に入ってみたら、店内はドンキホーテのように乱雑で店員はレジにしかいなくて、なぜか量り売りで採算がとれる仕組みになっていました。

今までピザ派だったのですが、最近はフレッシュパスタの美味しさにはまってます。

ミラノの週末 Milan, Italy

先週末はニースから電車で5時間のイタリアのミラノに行ってきました。
道行くミラネーゼはお洒落で、大聖堂などの建物は美しく、疲れて倒れるまで買い物できそうなほど素敵なブティックが立ち並んでいたけれど、まったく緑がない、ファッションと経済の街という印象。
去年スペインでハンドバッグを盗まれて以来、知らない人が近付いてくると過剰に反応しているのですが、イタリアでは泥棒なのか、ナンパなのか、道ききたいのか、何だか分からないけれど、色んな人が話し掛けてくるので、そのたびにドキドキして、全く心が休まらなかったです。

2012/04/19

福島の嘘 Lies of Fukushima

「福島の嘘」という、ドイツで信憑性の高い「ZDFテレビ」のドキュメンタリー。
"Lies of Fukushima" a documentary of ZDF TV in Germany. German with Japanese subtitle

★『フクシマの嘘』 独ZDFテレビ フルバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=4Z38NR0mn_M

モナコのトップニュース

モナコの新聞、モナコ・マタンの昨日の一面には「公共駐車料金変更」と大きな文字で書かれていました。人口約3万人、面積約2平方km、国中に監視カメラが設置されていて、いたるところで警察を目にするモナコはシンガポールよりも安全かもしれない。

食育について考える

ヨーロッパでもアメリカ人のような超肥満を目にすることが多くなった今日この頃。マックなどにたむろする、デブを目にするたびに、食の大切さ、食に関する教育、国の法律と活動に巨大な影響力を持つ食品、医療、製薬業界について考えさせられます。昨日は久しぶりに、食の安全性と現代医学の問題点に関する映画を見直しました。

『フード インク』 
http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/

『Food Matters』
www.foodmatters.tv

近年は、オーガニックブームなので、安さが売りの米小売最大手『ウォールマート』(でさえ)もオーガニック製品を扱っています。ということは、個人の選択が大企業の経営方針を動かすことができるのです。世界中の人がファーストフードなどの不健康な食品をボイコットすれば、これらは間違いなくなくなります。最近は食育の大切さについて考えています。

2012/04/14

南仏、ニースの食べ物

南フランスのニースは地中海沿いにあるので海の幸が特に美味しいです。最近は「Le Cafe de Turin」という老舗のシーフードレストランで生牡蠣とシャンパンというアペロをたまにしています。

フランスの牡蠣は「R」が入ってる月がシーズンです。4月はAvril、5月はMaiだから今月でシーズンが終わり。次のシーズンは9月のSeptembreに始まります。

2012/04/12

スイスにて In Switzerland

Vevey, Switzerland
なぜか一列に並んでいる山羊
フランスとスペインを放浪している私ですが、最近はスイスも暖かくなったので、モントルーで時間を過ごすこともあります。スイスはフランス、フランスはスペインの隣なので、飛行機や車で気軽に行き来ができるのです。久しぶりのスイス。相変わらず平和でボケてる頭がますますボケそうでした。

イタリアでランチ Lunch in Italy

昨日はニースから車で45分、イタリアの小さな海辺の町、Ventimigliaでランチをしました。フランスからすぐなのに、国境を越えたら人種、言葉、文化が変わってしまうなんて、当たり前なんだけれどヨーロッパは面白い! やっぱりイタリアではフレッシュなパスタが美味しかった。ランチの後はスーパーへ。フレッシュパスタ、ワイン、野菜コーナーが特に充実していて、物価はフランスより少し安いそうです。

2012/04/09

ストレスが溜まった時は・・・

あー、最近むしゃくしゃすることが多くてストレス。 でも、こんな時はパンダになってお風呂でくつろぐ自分を想像して癒されています。あー、いい湯だなぁ~



ハッピーイースター Joyeuses Paques

今日はイースター。十字架にかけられて亡くなったキリストが3日後に復活したことを記念するお祭です。クリスチャンではないけれど、ニースの旧市街にある大きな教会で蝋燭をお供えし、何だかんだで毎日幸せに暮らせることに感謝のお祈りをしました。ニースは毎日20℃前後で初夏のようです。

2012/04/07

クルーズ最終日とバルセロナ

9日目は再び船上でのんびりとした一日を過ごし、10日目の朝バルセロナに到着しました。私は大都市だけれとも、のんびりとした雰囲気のバルセロナが大好き! この日は食料品マーケット、ロープウェイで山の上のお城の観光、タパスバーなどに行きました。




2012/04/06

八日目はマラガ、スペイン

クルーズの最終経由地は、南スペインの小さな町マラガでした。自転車タクシーで町をぐるっと一周して、ピカソ美術館、ローマ劇場遺跡、大聖堂などを外から見学し、その後は丘の上のお城に行き、テラスのあるレストランでタパスを食べました。あまり見どころはないので観光は一日で十分。でも、温暖での~んびりしていて、人々はフレンドリーで南スペインらしい町という印象を受けました。




船上の楽しみ方

七日目は移動日。ゆっくり起きて朝ごはんのビュッフェに行き、日光浴、ジャグジー、ビンゴ、マッサージ、などをしたらあっという間に時間は過ぎてゆきました。夜は鉄板焼き、寿司、フレンチ、イタリアンなどのレストランを選ぶことができ、食事の前後にはジャズバー、ピアノバー、シャンパン・ワインバー、カジノ、ディスコに行ったり、シアターでマジックショーやミュージカルなども行われていました。クルーズは何もしたくない時も、いろいろしたい時も楽しめるので気楽です。


 

ランサローテ、スペイン

3月半ばに行ったクルーズですが、ビーチにはたくさんの人が日光浴をしていて、スペインの初夏を楽しんでいました。

クルーズでは小さなボーイフレンドといつも一緒でした
ランサローテは島中がこんな感じ
溶岩ビーチ。自然の美しさに感動!

2012/04/05

六日目はランサローテ、スペイン

六日目はまるで月面のような岩と砂の島、ランサローテに到着。溶岩台地と300以上のクレーターからなるこの島の緑といえばサボテンとアロエくらい。でも、あまり観光地化されていない所がなんだか気に入りました。