2011/05/31

やっぱり馬は手強い


毎週月曜日は乗馬教室に通っています。先週は走りが安定した馬だったので、簡単に操ることができたので、もうすぐ外を自由に走らせてもらえそうと思っていたのですが、今日の馬は走るペースが不安定だったので、乗馬を辞めたくなる位、乗るのがやっかいでした。この教室ではいろいろな馬に慣れるために、毎回乗る馬を変更しています。

2011/05/29

日曜日のランチ

ヨーロッパの日曜日って殆ど店がが閉まってて本当につまらない。でも、文句を言っても始まらないので、今日はモントルーの裏の山の上(Glion)にあるVictoriaホテルでランチをしてきました。ここのレストランからはレマン湖とスイスアルプスが一望できるので、晴れの日はとても気持ちが良いのです。

やっぱり痛かったアートメーク

昨日はクリニック・ラプレリーでアートメークをしてきました。7年くらい前に日本で眉毛とアイライン上下を入れたのですが、最近薄くなってきたので入れ直したのです。ちなみにアートメークとは刺青のこと。眉毛、アイライン、リップライン、ほくろなどを刺青することができます。寝起きでも、プールに入っても完全なスッピンにならないのが魅力。


日本では麻酔なしだったので、アイラインはめちゃくちゃ痛くて、出産したことないけれど、出産の方が楽なのではと思った程。今回は麻酔クリームを塗ったので、前回ほどの痛みはなかったけれど、全部で3.5時間かかり、色を定着させるために何回もなぞった時が痛かった!!!あと、麻酔が切れた後は少し痛みがあったので、ワインを飲んで気を紛らわせました。毎回アートメークをしている最中は、自らこんなに痛い思いをすることを選ぶなんて、私って本当にバカみたいと思うのですが、メークの手間がかなり省けるので、結局やりたくなってしまうのです。

アートメークは一週間くらいするとカサブタになり、それらが剥がれると完成です。大抵一回では色が定着しないので、3回~5回入れるのが一般的。

晴れの週末

スイスは毎日25℃位でとても過ごしやすい日々が続いています。昨日はチャップリンが余生を過ごした街であるVeveyのホテルTrois couronnesのテラスでローカルワインを飲みながらデイナーをしました。最近はいつもこんな風にのんびりしています。

2011/05/25

乗馬の日

だんだんと馬の扱いに慣れてきて、馬をジグザグに歩かせたり、ギャロップができるようになりました。今日は乗馬教室でポニーを発見。人懐っこくてすごく可愛かった。 

2011/05/19

何で中国語(なんか)・・・

最近は結構真面目に中国語を勉強しています。噂通り、ネックになっているのは発音。日本語にない音がたくさんあるのです。基礎として、ピンインという日本語でいうとローマ字みたいなものを読んで、正しく発音しなければいけないのですが、これがものすごく難しい!

最近気が付いたのですが、日本人の知り合いに中国語を勉強しているというと、大抵、「何で中国語(なんか)勉強するの?」というような質問を受けます。私としては、世界の共通語は英語と中国語になりつつあるのに、何でみんなは勉強しないのかが不思議なんだけれど。

最近アメリカでは、小学生も中国語を勉強しているそう。パリのデパートやブランド店では中国人の店員を多く見かけます。一昔前までは日本人の店員が必ずいたものですが、今ではアジア人の店員のほとんどが中国人です。中国人店員は英語、仏語、中国語を話すし、おしゃべりばかりして働きの悪いフランス人店員よりも効率が良いのです。

2011/05/16

乗馬、ヨガ、合気道の共通点

今日は乗馬の日。レッスンは馬の体についた埃をブラシで落とし、足の裏についた糞や泥を除き、尻尾をヘアブラシでとかすことから始まります。結構大変だけど、馬と触れ合うのは面白い。

こんな感じでブラシをかけます

私の様子を横目でチェックする馬
そして、今日から合気道も始めました。『乗馬とヨガと合気道』は全く関係がないように見えますが、勝ち負けを争わない、練習を通して自然宇宙と調和する境地に至ることを理想という点で共通しています。

2011/05/15

フランスで観劇

昨晩はフランス、エビアンの近くの小さな町Sciezのシアター(Theatre du Guidou)で開かれた演劇、『Festen』を見に行ってきました。ローカルな雰囲気の小さなシアターは町の憩いの場になっているらしく、全ての観客同士が知り合いで、次々に挨拶のキスを交わしている様子は微笑ましかったです。フランス語で上演されたので、内容は半分くらいしかわからなかったけれど、リスニングの勉強になったみたい。ちなみにモントルーからエビアンは車で45分です。

ラプレリーのレストラン

クリニック・ラプレリー の中には5ツ星レベルのホテル、スパ、総合病院、レストランが入っていて、私はここのジム、スパ、レストランによく行きます。アンチエイジングで有名なクリニックなので、カロリー控えめのヘルシーメニューが豊富。栄養士とシェフでメニューを決めているそうです。

レストランの中



















でもベジタリアンメニューは少ないので、たいてい私はスープと野菜炒めを食べています。









週一で乗馬レッスン

最近は週1回、乗馬レッスンに通っています。ヨガ、ジム、乗馬と、アクティブになった自分にちょっとびっくり。今回はレッスン前にブラシで馬の体をこすって埃を落としました。まだ馬とコミュニケーションがうまくとれないので、いつか蹴られるんじゃないかと、ビクビクしながらブラシをかけました。


乗馬教室はこんなにのんびりとした雰囲気です。世の中には農場で馬の世話をしながら暮らす人もいるんだなーと、行くたびにカルチャーショックを受けます。


モントルーの夕日

私が住んでいるモントルーという町は本当に景色が綺麗です。

2011/05/13

既に死んだ気分

今日はプレイヤードで軽いハイキングをして、山の上のレストランでランチをしました。


山の上のレストラン
雰囲気は良かったけれど食べ物はおいしくなかった

丘に咲き乱れるナルシスの花はとても綺麗で、空は青く晴れ渡り、まるで天国の道を歩いているようで、既に今生を終えた気分でした。 スイスはいつも平和でのんびりしていて、本当に頭がぼけそうです。

2011/05/08

週末はピクニック

スイスでは、天気が良い週末はピクニックをする人々をよく見かけます。最近スイスに溶け込みつつある私は昨日、モントルーから車で30分のレ・プレイヤード(Les Pleiades)というナルシスの花が有名な山でピクニックをしました。

日焼け対策の為、完全防備の私

「5月の雪」と呼ばれるナルシスは丘を真っ白に染め上げていてとても綺麗。鳥のさえずりと、遠くでカランコロンと山羊の首につけられたベルの音を聞きながらのピクニックはとてもスイスでした。


ナルシスの花は水仙みたい

クリニック・ラプレリーの毎日

スイスは4月の始めから毎日20℃から25℃位で早めの夏がやってきたよう。薄着の季節がやってきたので、最近はクリニック・ラプレリーのスパに頻繁に通っています。

何をやっているかといえば、ジムではパーソナルトレーナーに効率的に脂肪を燃焼する運動のプログラムを組んでもらい、スパでは3週間毎に手足のネール、ヘアカラーとカット、フェイシャル(美顔)をします。あと、イタ気持ちいいタイマッサージもはまっています。

肌を露出する機会が多い夏はバック・トリートメント(背中のピーリング、パック、マッサージ)もしたり・・・美しさを保つのはけっこう大変です。
 
クリニック・ラプレリーにはスイスパーフェクションのスパが入ってます

2011/05/06

掃除ロボットの問題点

下の赤い部分にゴミがたまる仕組み
お掃除ロボットのルンバはとてもよく掃除をしてくれるのですが、問題はルンバの掃除です。ゴミバッグがないので、捨てる度に埃が散るし、猫の毛がいたるところに絡むのです。普通の掃除機で埃を吸うという友達がいるけれど、私は掃除機を出すのが面倒。Irobot社にこの点を改善してもらいたいです。

2011/05/05

ゲルのレストラン

昨日はモントルーから車で15分のAigleという小さな町にあるゲルのレストランに行ってみました。インド、パキスタン料理のレストランなので、カレーやタンドリ料理が中心。

ゲルとはモンゴル高原でよくみられる移動式住居

スイスの草原にたたずむゲルレストランは、かわいらしくて気に入ったのですが、インド人のおばちゃんが適当につくったと思われるカレーはまずくて、高くてびっくり。モントルー近郊で、リーズナブルでおいしいレストランを見つけるのは至難の業です。

右から、豆カレー、カリフラワーカレー、ほうれん草カレー

2011/05/04

乗馬レッスン再開

先日から乗馬レッスンを再開しました。スイスでは馬術が盛んで、フランス語で『Manège』と呼ばれる馬術学校がたくさんあります。 以前に行ってた学校ではセクハラにあって、うっとうしかったので違う学校に変えたのです。新しい学校では、馬の扱いを細かく説明してくれるので、ためになります。



乗馬って、ただ馬に乗ってるだけではなくて、上半身を馬の動きに合わせて上下に動かしたり、ヨガのように体を常に真っ直ぐしていなければいけないし、意外に筋肉を使います。30分のレッスンの後はけっこうヘトヘトです。

新しい乗馬学校 Manège de Noville
http://www.manegedenoville.ch/

2011/05/02

チャリティーピクニック

最近は特に変わったことはなく、週4回位ヨガ教室に行ったり、レマン湖を眺めながらホテルでランチやお茶をしたり、湖畔でローラーブレードをしたり、ホームパーティーなどをして毎日を過ごしています。のんびりしすぎで脳みそが退化してゆくよう・・・

Hotel l`Ermitage in Montreux

先週の日曜日は日本人の友達とその夫たちとチャリティーピクニックを開きました。レマン湖畔の公園で、一人一品持ち寄りのピクニック。そして参加者は日本への義援金を箱の中に入れました。約20人参加で、536フラン(約5万円)。折り紙だけではなく、ピクニックも侮れません。

ヨーロッパで一番大きな湖であるレマン湖
湖畔には無数の公園があります

ちなみにスイスの日曜日は、ほとんどの店とレストランは閉まっているので、地元の人々はハイキングやピクニックをしたり、家族や友達を家に招いたりして、キリスト教の休息日を過ごします。レマン湖を眺めながらワインと手巻き寿司。最近はスイス生活をエンジョイするようになってきました。