2009/12/14

パンチャカルマ注意点 About Panchakarma

アーユルヴェーダのトリートメントが受けられるスパやクリニックは世界中に沢山あるので、どこを選んでよいのか迷ってしまう程です。特に、マッサージだけではなく腸内洗浄や様々な薬を処方されるパンチャカルマは、信頼できる医師の正しい診断と、衛生的な施設で行われることが大切です。今回私が選んだTaj Ayurveda Centreは複数の知り合いからの紹介でした。インドのケララ州でトリートメントを受ける場合は、『Green Leaf』という、ケララ州の認定を受けている施設は安全だそうです。良い医師を自力で探すのは難しいので、口コミに頼るしかないと思います。

There are many clinics and spas offer Ayurveda treatments in the world so it is difficult to choose the right place. It is crucial to select the experienced doctor with high moral belief and clean facility to take Panchakarma treatment. That is because Panchakarma includes not only massage but also enema and prescribed medications. (especially in India, hygiene control is not western or Japan standard)Some people recommended me "The Taj Ayurveda Centre" so I choose it and I was completely happy about everything. If you want Ayurveda treatments in Kerala, look for Kerala state authorized facilities with "Green Leaf" certificate.

ケララ州の認定証『Green Leaf Certificate』


あと、30日のパンチャカルマ、宿泊費(スイートルーム)、食事を含めて、約100万円かかりました(小さな部屋を選べばもっと安くできる)。インド内に、もっと安くパンチャカルマを受けられる場所はありますが、宿泊施設やレストランが併設されていない場合が多く、近くのホテルから通わなくてはいけない、アーユルヴェーダレストランを探し(ケララでもめったに見当たらない)、自分で体調に合わせた食事のオーダーをしなければいけない等、何かと面倒だと聞きました。パンチャカルマの最中は、体力が落ちて、出かける気力がない日もあるので、全て用意されている施設の方が何かと便利です。

The whole package was about USD 10,000 (treatment, medication, accommodation fee(suite room), all meals) If I choose a standard room, it would have been less expensive. In India, there are many other places offer Ayurveda treatments for less price but they often don't have accommodation facilities or restaurants so you need to commute to the place. Also, you need to find Ayurveda restaurants and order food accordingly to your special diet. Ayurveda restaurants are not same as Veg restaurants and they are very rare even in Kerala. Also, during the treatment, your body become weak and don't feel like going out so it is easier to stay in an Ayurveda centre which has everything in one place.

2009/12/07

パンチャカルマ最終日 The last day of all treatments

今朝、一時間のオイルマッサージを受けて、アーユルヴェーダの究極の解毒・若返り・細胞活性化法であるパンチャカルマが全て終了しました。でも、終わったからといって、急にフルマラソンが走れるようになるわけではありません。医師によると、トリートメントを受けた後は、約2ヶ月かけて、ゆっくりと体調を整えると、治療の効果が最大限に引き出せるそうです。まだ本調子ではないけれど、毎日少しずつ活力が戻ってきているのを感じています。

This morning, after taking one hour massage, I finally completed Panchakarma treatment - the ultimate rejuvenation and detox program of Ayurveda. But it doesn't mean that I can run full marathon all of the sudden. I still need to take prescribed medicine everyday and follow Ayurveda diet and life style then in two months, I will get the full benefit of the treatment. I am still not completely well but I feel better every morning I wake up.

今後2ヶ月間は、毎日アーユルヴェーダの薬を飲み、食事も気を付ける予定です。写真は持ち帰り用の薬。
I will continue taking Ayurveda medicine (below) everyday for two months.



医師から体内に毒素をためない為のアドバイスを受けました。毒素というと、食べ物に付着している農薬、大気汚染、食品添加物などにより体内に蓄積された化学物質を想像しがちですが、アーユルヴェーダでは、それに加え、消化されなかった食べ物が『アーマ』と呼ばれる毒素になり、体に不調を与えると考えます。

食べたものは胃腸で消化、吸収され、肝蔵で代謝されて、血液を介してエネルギーとして全身に行き渡りますが、食べ過ぎ、不規則な生活、肉や魚などの動物性食品中心の食生活などにより、食べ物がきちんと消化、排出されずに体内に残ってしまい、それがアーマになるのです。

粘着性のあるアーマは、腸管、血管、リンパ管など体中のあらゆる管に付着し、管を狭くするので、酸素やエネルギー源の供給、老廃物の排泄などが滞り、体に不調を与え、様々な病気の原因となります。

アーマを体内にできるだけ残さないための生活習慣
基本的に全ての人にあてはまります。

甘いもの、バター、チーズを避ける
揚げ物、辛いもの、酸っぱいものを避ける
牛、豚などのレッドミート、卵黄、エビ類を避ける
グリルか蒸した魚、鳥、卵白は週1~2回は食べてもよい
紅茶とコーヒーを飲みすぎない
油、椰子(白い実)、砂糖の摂取をなるべく控える
トマト、ジャガイモ、ナス、唐辛子、きのこ類を食べ過ぎない
(毎日連続しないようにする。週2~3回ならOK)
冬や寒い日に冷たい食べ物、飲み物を避ける
果物はそのつど、一種類だけ食べる(数種類の果物を一緒に食べない)
食べてよい果物は、りんご、ざくろ、洋ナシ、パパイヤ、オレンジ、バナナ、スイートライム(みかんに似ている)たまには季節の果物を食べてもよい
昼寝を避ける
毎日1~2回運動をする
ヨガや瞑想を行う
食事は3回、規則正しくとる
一年に一度パンチャカルマを行う

The doctor gave me the following advice.

Avoid cheese, butter and sweets (occasionally is OK)
Avoid red meat, prawns and egg yolk.
Egg white, grilled or steamed chicken or fish once or twice a week if needed.
Avoid deep fried, spicy and sour food.
Use little oil, coconut(hard white part) and sugar in all preparations.
Avoid excessive usage of tomatoes, potatoes, egg plants, green chillies and mushrooms (once or twice a week is OK).
Do 1h to 2h exercise once or twice daily.
Follow regular meal timings (Ex. Breakfast at 7am, lunch at noon, dinner at 7pm)
Do yoga and meditation daily.
Have only one kind of fruit at a time (do not mix fruits) Apple, Pomegranate, Pear, Banana, Orange, Papaya and Sweet lime are permitted (can try other seasonal fruits occasionally )


ホテルの概観。一ヶ月カリカットに滞在していたなんて信じられない気分。あっという間でした。The hotel that I stayed for one month. The time passed very fast.



去るのが名残惜しい気分で、夕方ホテルの周りを散歩しました。
I walked around the hotel for the last time.


そこらに生えている椰子の木から実を採り、路上でココナッツジュースを売る人たち。These people take coconuts from public palm trees and sell coconut juice on the street.



この辺りでは、魚は路上で買うものみたい。魚を狙っている後ろの猫が可愛い。In Calicut, people buy fish on the street. The cat is so cute. He is trying to steal some fish.



ほのぼのした田舎町カリカットをでて、明日はものすごく治安が悪くて、渋滞がひどい、首都のニューデリーに移動します。

Tomorrow I will leave Calicut and going to the capital of India - New Delhi.

2009/12/06

カタカリ・ダンス2 Kathakali 2

力強い太鼓の音と共にカタカリは始まりました。伝統舞踊というから、日舞のような、ゆっくりとした踊りを勝手に想像していたのですが、軽快なリズムに合わせ、顔の表情と手の動きで物話を伝えるカタカリは、言葉がわからなくても、なんとなく理解できたので予想よりも面白かったです。

Kathakali started with strong sound of Kerala drum beats. The facial expressions and hand sign language of the dancer were very interesting and the music was exciting. Kathakali is a traditional dance that is popular among older people so I expected something not so amusing like Japanese traditional dance called "Nihon Buyou" which is very slow and not much movements.



2時間もかけて、丁寧にお化粧をして衣装を着ける過程、地元の子供たちが熱心に太鼓を練習する様子、91歳になる先生のカタカリに対する情熱を目の当たりにして、すごく感動しました。

Not only I liked the dancing but also I enjoyed to see the complicated processes of putting on the makeup and costume. I was moved to find the passionate devotion of the 91 years old teacher and also see the children practicing drums with enjoyment.



video

カタカリ・ダンス1 Kathakali 1

カタカリダンスには、神話が元になっている物語があり、音楽、手と体の動き、顔の表情でストーリーを語ります。全て天然素材のカラフルなお化粧をして、衣装を着るまで約2時間もかかるそう。

Each Kathakali dance performance is two hours and it has a different theme from mythology. Kathakali actors never sing or speak during performances. They express the story by 26 signs of finger language, bodily movements, and facial expressions. The actors put on colorful makeup and big costumes that are consist of many parts. It takes 2 hours to get ready for a show.



すごく丁寧にお化粧をしていました
He put on the makeup very very carefully



そして、スパイスやお米が入っていたような、袋を巻きつけ
Then he wore layers of rice and spice bags



その上から、ものすごく凝った衣装を装着しました。左の髪の長い男性が91歳の学校長。厳しい眼差しで、衣装の最終チェックをしている様子。先生はケララ州の伝統であるカタカリを残してゆくために、この学校をつくり、贅沢をしないでお金はこの学校のために使い、若者の教育に励んでいるそうです。すごく感動的!!!!91歳なんて信じられない程、お元気な先生でした。

After that, he put on an elaborate costume. The gentlman with long white hair is the Guru who is 91 y.o. He inspected the makep and costume very carefully. He has built the school and has been devoted to handing down of tradition to young generations. I heard that he lives modestly and spends all his extra cash on this school. I was touched by his story!!! The Guru seemed healthy and looked much younger than 91 y.o.



video

後処置9日目 The 26th day

朝起きるたび、だんだん元気が回復してきているのを感じます。午前中にオイルマッサージを受けて、午後は『カタカリ』といわれる、ケララ州(滞在中のカリカットがある州)で有名なインド舞踊を見に行きました。 昨日のボートツアーの人が、「ケララにきたらカタカリを見るべき!」といって手配をしてくれたのです。変なボートツアーだったけれど、行った甲斐があったみたい。

Every morning I wake up, I feel better day by day. I had a normal oil massage in the morning and went to see "Kathakali" which is the traditional dance of Kerala state where Calicut is located. A man who was the organizer of yesterday's boat tour recommended me to see this dance and he arranged it for me.

91歳になるカタカリの先生が運営する学校で行われました。

Kathakali was performed in a school which was organized by 91 y.o. Guru.



建物を新しくするので外装工事中。竹で天井を支えているのが面白い。

The school was under renovation. Many bamboo trees were used to hold the roof.



カタカリの音楽は太鼓や小さなシンバルなので、子供たちが練習をしていました。

Children were practicing Kathakali music with Kerala drums.



カタカリ学校の中はとってもシンプルだけど、みんなとっても楽しそう。

The school was very simple but everyone seemed like enjoying being here.

2009/12/05

後処置8日目 The 25th day

今日は少し元気が回復したので、普通のオイルマッサージを受けた後、ボートツアーへ。ホテルから川まで、26km(約40分)の間、うんざりする程、クラクションの音を聞きながら進んでゆきました。信号が一つもなくて、一車線ずつしかない道路では、対向車がきているのに、無理やり追い越しをしたり、突然止まって左右に曲がったり、細い脇道からいきなり車が出てきたり、道を横切る歩行者がいたり、始めのうちは無秩序に思えたのですが、全ての車はクラクションと手のサインでコミュニケーションを取り合っていることがわかりました。

I felt much better today so after getting a regular oil massage, I went to a boat tour. On the way to a river by a car, I heard honking horns constantly for 40 min and I started to have headache. The street had one traffic lane on each side and there was no traffic light at all. Many inpatient drivers overtook other cars, cars pop out from narrow side roads and pedestrians crossed the road constantly. It seemed unregulated but I noticed that drivers were communicating with honking horns and arm signals.

video

例えば、人の横を通るときにプップー(端に寄れ)。追い越しをするとき、プーーーーー(追い越し中だからスピード落とせ)。左右に曲がるときは、窓から曲がる方向の腕を出す、などなど。だからクラクションの音は鳴り止まないのです。

For example, "honk honk" means that passing by so be careful. "Run honking" means that overtaking so slow down. When you make turns, stick your arms out to the direction which you turn to. Honking horns is a part of Indian traffic rules so that is the reason why it never stops.

宿泊施設もある、大きなボートで川下りができると聞いて来たのに、ボロボロのツアー会社に到着したので、どんなボートか心配。

I was expecting a luxury boat tour but the tour company looked really shabby. It made me worried about their boats.



私は一人だから、パンフレットの写真のボートと全く違う、小さなボートでツアーをしてくれるとのこと・・・まぁ、いいか。

They told me that since I was the only passenger so the tour will be on a smaller boat then pictures on their brochure which was in my hotel. It was a little disappointing but okay.....



出発時刻になっても、エンジンに油を差したり、パーツを取り外していたので、壊れているのかと聞いてみたら、「実はこのボートは、手漕ぎボートでもあるんだよ。オールって知ってる?それで漕ぐんだ」といわれ、昨日の私だったらぶち切れていたと思うけれど、今日は気分が良いので受け流しました。

15 min passed from the scheduled departure time but a man was still fixing the engine of the boat....I asked it was broken. The man replied that this boat was also a rowing boat so don't worry about it. If I were in bad mood like yesterday, I could have been really mad at him.



泳いだほうが、間違いなく速いという程、ゆっくり、ゆっくりボートは進んでいくので、ふと後ろを振り返ったら、おじいちゃんがオールではなく、長い竹の棒で船を漕いでいました。そのすぐ横には、漕ぐことを手伝わない2人の若者。

The boat moved very very slowly as if I could swim much faster. I looked back and noticed that an old man was rowing the boat with a very long bamboo stick. I didn't know why two young men who were staning beside the old guy were not helping him.



予想とは全く違うツアーでしたが、なんだか愉快な気持ちになりました。

The tour was totally different from what I expected but it was relaxing and funny. After all I enjoyed it.
video

かわいらしい漁師のボート
A fisherman's boat

2009/12/04

後処置7日目 The 24th day

今日は何だかわからないけれどイライラして、いつもは気にならないような、ささいな事でも腹立たしかったので、朝の牛乳マッサージが終わってから、またもや一日中部屋にこもっていました。午後に最後の軽い腸内洗浄、マトラ・ヴァスティがあり、これで全てのトリートメントが終わりました。明日から4日間は普通のオイルマッサージで体調を整えるそうです。

医者はイライラも治療の影響だから、プールサイドでくつろぐことを勧めてくれたのですが、部屋から出たら罪のないホテルの従業員や、毎日面白くない冗談を言う補助の女医に八つ当たりする予感。 万が一、八つ当たりして自己嫌悪に陥るのが嫌なので、部屋にいることにしました。妙にイライラしている自分にびっくり。

I didn't know why but I was in bad mood all day and tiny things made me angry all day. So, except getting the usual milk-rice massage, I stayed in my room.

The doctor told me that today was the last day of rice massage so from tomorrow I would start to feel better. He recommended me to relax be the pool to get fresh air but I knew if I stepped outside, I would pick on Innocent hotel employees or the assistant doctor who made lousy jokes everyday; she even made the stupidest joke during the big enema yesterday, I wanted to punch her but unfortunately I was preoccupied. So, I decided to stay in my room all day. I was surprised that how angry I was.

早く元気になるように、ほうれん草を食べることを勧められました。ほうれん草を食べて元気になるのはポパイだけじゃないらしい。

To get energy back, the doctor recommended me to eat more spinatch so I will keep eating spinatch untill I feel better.




一日中部屋にいたおかげで、とうとう旅行の計画ができあがりました!
I finally decided my travel plan!

8-10日は高級ホテルと大小のスラム街が同居する首都のニューデリー
Capital of India, New Delhi
11-13日は元マハラジャの宮殿に泊まることのできるジャイプール 
Stay in former maharajah's palaces in Jaipur
14日は1911年まで英領インドの首都だったコルカタ(カルカッタ)
Former capital of British colony India, Calcutta
15-16日は釈迦が悟りを得た仏教の聖地ブッダガヤ 
Bodhgaya, the place Buddha attained enlightenment
17-18日はガンジス川に死者が流れるワーラーナシー(バラナシ)
Varanasi, one of the oldest living cities in the world
19-22日はタジマハールのあるアグラと首都のニューデリー 
Agra (Taj Mahal)and New Delhi
23-4日はインド洋に浮かぶ島々、モルジブのDhonakulhi島
Dhonakulhi island, the Maldives
1月5日はカタール(中東)の首都のドハ

寝る前には、軽いヨガができるくらいまで体力が回復したので、明日は外に出かけられそうな予感・・・

I felt better by the regular bed time at 10pm. I had a little energy to do some yoga stretches. Hopefully I will have energy to go out tomorrow...

2009/12/03

後処置6日目 The 23th day

今日は朝の牛乳マッサージの後に、最後の大きな腸内洗浄がありました。前回は英語で数を数えて、わけがわからなくなったので、今回は日本語で挑戦。はじめはリラックスしながら・・・最後のほうは猛スピードで60まで数えてトイレに駆け込みました。

トイレにこもっている間、専属のセラピストが私のことを心配して、トイレの中を覗いたり、しょっちゅう声をかけてくるのが気になったけど、前回ほどの腹痛はなく、膨れていたお腹はすぐに普通に戻りました。長年溜まっていたものは、前回全部出ていったみたい。

This morning, after the usual milk-rice massage, I had Kashaya Vasti (enema with a lot of liquid) again. While the doctor was injecting the liquid, I had to count 1 to 70 at loud, this time I counted in Japanese; in the beginning, slowly and toward the end, as quickly as possible then I rushed into a bathroom. While I was in the bathroom, the therapist opened the door several times to make sure if I was OK so I couldn't relax completely but I had less stomach pain then the last time and my swollen stomach became normal after a few minutes.

でも、外に出たり、一階のレストランに行く元気は全くなかったので、今日も部屋にこもって旅行の計画を考えました。特に何もしていないのに、すごく疲れた・・・腸内洗浄はかなり体力を消耗するようです。

However, I had no energy to go out or go to the restaurant down stairs so I stayed in my room all day and planned my trip. I am exhausted although so I go to bed now.

今日は下記のように過ごしました。
Kashaya Vasti rules

7:30 牛乳と砂糖抜きのコーヒーか紅茶を一杯。食べ物は無し。
One cup of coffee or tea w/o sugar and milk. No food.

9:00 1時間半のマッサージとカシャヤ・ヴァスティ
1.5h massage and Kashaya Vasti

10:30 昼食。ご飯1~2膳と室温のプレーンヨーグルト
Lunch. A bowl of rice and plain yogurt (room temp)

15:00 紅茶とビスケット3枚(又はドサ(インドのクレープ)を食べてもよい)
Tea and 3 biscuits or 2 plain dosa (Indian crepe)

19:00 レンズ豆のリゾット又は茹でたビーフンとチャツニー(生姜ソース)
Moongdal Kichadi (risotto) or Idiappam w/chutney (rice noodle)  

のどが渇いたら白湯を飲む。
Drink plain warm water when you fell thirsty

2009/12/02

後処置5日目 The 22th day

あと6日で全てのトリートメントが終わるなんて信じられない。ボヤボヤしている間に、時間がたってしまった感じ。今日は朝からだるくて、牛乳ご飯マッサージを受けている最中に、ベッドから転がり落ちそうでした。医師によると後処置の最中は、体が悪い箇所を修復して、だんだんと回復に向かうので、体力が消耗するのは普通だそうです。

今日は午後、一昨日と同じく、マトラ・ヴァスティ(薬用オイルを使った軽い腸内洗浄)を浮けましたが、もうすっかり慣れて、痛くもかゆくもありませんでした。

I can't believe that all the treatments will finish in 6 days. Time flew so quickly. I have been dizzy since yesterday so I felt like I was going to fall down from the massage table during the usual milk-rice treatment. According to the doctor, it's perfectly normal to feel tired because during the post-treatment, my body is trying to heal its weak parts. Today I had Matra Vasti (enema with small amount of oil) again. It was nothing after experiencing yesterday's extreme stomach pain.

出かける気力も、一階のレストランで食事をする気力もなかったので、今日は一日中部屋にこもってテレビを見たり、ネットで調べ物をしました。アーユルヴェーダ治療の後、北インドのニューデリーとジャイプールに行くことは決めているのですが、その後の10日間どこに行くか考え中なのです。考え過ぎて、最近ではストレスになっています(治療中は完全にリラックスしなければいけないのに・・・)。インドは歴史が古い上に、国土が広く見所が多いので、どこに行くべきかわからないのです。20日以上ガイドブックを読みまくって考えた末、今はヨガの聖地であるリシケシでアシュラム(ヨガ道場)に泊まって、朝5時からヨガと瞑想をするか、世界最古の町の一つであるバラナシと、釈迦が悟りを得た、仏教の聖地ブッダガヤに行くか迷っています。また今夜も寝るまでよく考えよっと。

I had no energy so I stayed in my room all day and watched TV and surfed Internet. After this treatment, I will go to Delhi and Jaipur (North India) but I can't decide where to go after that. I have 10 more days to travel. India is very big and has rich culture so there are many choices. I have been reading a guide book about India for more than 20 days and still haven't decided yet. My travel plan is getting too complex and thinking about it is getting stressful. Although I have to relax completely during this treatment. Should I go to the birth place of yoga Rishikesh to brush up my yoga skills....or, go to Varanasi which is one of the oldest city on the earth...or, go to Bodhgaya where Buddha was enlighted....or, go to Goa and enjoy the beach....

2009/12/01

後処置4日目 The 21th day

今日は朝食は抜きで、朝9時から牛乳ご飯マッサージを受けて、その後に湯たんぽでお腹を暖めてから、カシャヤ・ヴァスティという腸内洗浄を行いました。マッサージ室のニームの木のベッドに、左側を下にして横になり、女性の医者がけっこうな量の液体を私の腸の中に入れました。液体を入れている最中は、1から70まで大きな声で数えることといわれていたので、one, two, three....thirteen, fourteen と英語で数えていたら、数を数えられないくらい、何が何だかわからなくなって、(日本語で数えればよかった)すごく変な感じで、液体を入れ終わってから1分間横になり、すぐトイレに駆け込みました。すごーーーーーくお腹が痛くなって、こんなにつらい思いをする為に、インドまでわざわざくる私って馬鹿みたいとか思いながら、お腹を時計回りにマッサージして、落ち着くのを待ちました。10分くらいで全てが出きった後は、ものすごい疲労感で、フラフラしながら部屋に帰り、2時間昼寝をしました。

This morning I was not allowed to eat breakfast because today was the big cleansing day. At 9am, I had the usual milk-rice massage then I had an enema program called Kashaya Vasti. I laid on the wooden massage table with my left side down. A lady doctor told me to count from 1 to 70 in loud voice while she injected medicated water so I did; but after counting to 13, 14, 15.... I started to panic and I totally lost the count. Maybe counting in my own language (Japanese) would have been better. After all the water was inside of me, I laid down on my back for 1 min and I rushed into the bathroom. I had very strong stomach pain for 10 min and I felt stupid to come all the way to India to experience this pain. After everything was gone, I felt dizzy and tired so I slept for 2h in my room.

夕方になり、ちょっと元気になったので、歩いて5分の海岸まで行ってきました。平日の夕方なのにすごい人だかり!本当にインドはどこに行っても人が多い!

About 5pm, I felt better so I went to the beach which was 5 min from my hotel. Today is weekday but the beach was packed. Calicut is a small town but I see many people everywhere I go.



今日は30℃。イスラム教の女性たちは黒ずくめですごく暑そう。
The temperature was about 30C. Islamic ladies were covered in black so they seemed very hot.