2007/07/26

「クロンヌ」レセプションと老舗うなぎ "couronne" reception and eel restaurant 

南青山で開かれた、高級時計のセレクトショップ「Couronne クロンヌ」のレセプションにいってきました。ハリー ウィンストンやカルティエなどの何百万から数千万円もするレアな腕時計の数々・・・。1千万円の時計を身に着けるって、なんなんだろ・・・。かっこいいのだろうか・・・。

I attended a reception of a watch store called Couronne in Aoyama. This handled many different high-grade brands such as Harry Winston, Cartier, and so on. The price range was about $5000 to over $100000. I was surrounded by $100000 watches and wondered the purpose of wearing them. They look beautiful but is it really cool to wear them....?



その後は八重洲にある老舗の蒲焼屋さん「福しま」へ。
Afterwards, my friends and I went to a very traditional eel restaurant. This tiny restaurant served a great grilled eel dishes.



気取った店もいいけど、なごめるお店の方が好きだな。店の内装より、味で勝負のお店でした。 I like fancy restaurants as well as cosy restaurants like this one.

2007/07/25

オシャレ海の家 Beach side bar in Enoshima

江ノ島のオシャレ海の家「KULA」にいってきました。天気悪くて残念。夜は大雨でした。



I went to a beach side bar called KULA in Enoshima which is about one hour from Tokyo. The weather was bad and it started to rain in the early evening.



きれいな空 The beautiful sky

梅雨の合間の美しい空。雨の日が多いからこそ、美しい晴れの日に幸せな気分になれました。

Tokyo is still in rainy season. The beautiful sky appeared in between gloomy rainy days. Rainy days exist therefore gratefulness to the beautiful blue sky exists.



N_1155 レセプション Natural Restaurant N_1155 reception

中目黒に新しくオープンしたナチュラルレストランN_1155 レセプションにいってきました。安全な食材を提供することを心がけているという、ヘルシーなレストランです。有機や低農薬野菜を使った料理や厳選されたお肉料理も食べることができます。入り口ではとれたての野菜が売られていました。最近こういうレストランが増えてうれしい。



I attended a reception of Natural Restaurant N_1155 in Nakameguro. This serves carefully selected organic vegetables and meat dishes. Seasonal fresh vegetables are available at the entrance. Recently casual and health conscious restaurants like this one are getting popular in Tokyo.



2007/07/16

自然治癒力を高めるローハスな基礎化粧品「プラセンティア」

私が考えるローハスなコスメって、体内に毒素として溜め込まれてしまう、合成界面活性剤をはじめとする有害な化学物質が使われていないもの。無添加化粧品をいろいろ試している私ですが、最近は自然治癒力を高める「Placentia(プラセンティア)」という基礎化粧品シリーズにはまっています。

この化粧品にはプラセンタエキスというお肌の新陳代謝を促進し、老化の大きな原因である活性酵素を抑えるという物質が含まれていて、使うにしたがい、肌本来の自然治癒力が戻ってきて健康なお肌になれるそう。 私はクレンジングオイル、洗顔クリーム、化粧水、保湿クリームのセットで使っています。

特におすすめなのは、プラセンティア ローション(化粧水)とプラセンティア クリーム(保湿クリーム)。トロ~リとした濃厚なローションは、コットンパックするのに重宝しています。クリームはさらっとしているのにしっかり保湿できるすぐれもの。化粧下地としても優秀な一品です。

セットで使い始めて約3ヶ月。心なしか、お肌のモチモチ感がUPしたし、吹き出物が出にくくなったみたい。これがお肌本来のパワーなのかな?自然治癒力の高まりを感じている今日この頃です。

プラセンティアの商品は下記から購入することができます。
http://www.rakuten.co.jp/hospic/index.html

2007/07/15

陶芸とむかつく先生 Pottery and an annoying instructor

香水作りのあとは、陶芸にチャレンジしてきました。
After blending my own perfume, I went to a pottery studio.



1kgの粘土の塊があたえられ、何を作ってもよいというので、私はどんぶりをつくることに。「手ろくろ」という、手動のろくろをクルクルまわしながら粘土と格闘しました。
I bought 1kg of cray to make two small bowls. I turned a lathe manually and started pottery.



陶芸は想像以上に難しかった!表面を滑らかにしようと思い、水をつけたら形が変形してしまったり、きれいに左右対称にならなかったり、何回も作り直しているうちに時間を忘れ、二つのどんぶりを作るのに1時間半もかかってしまいました!

超むかついたのは、車椅子に乗った陶芸の先生。ひねくれた感じの人で、私が失敗するたびに、うれしそうに意地悪なコメントをしてくるのです。「車椅子乗ってるからって、皆に優しくされると思ったら大間違いなんだよ!調子にのるな!」と、彼に粘土投げつけて帰ろうかと何回も思ったけど、精神統一してがんばりました。

Pottery was much more difficult than I thought. The hard parts were making the symmetry shape and the smooth surface. I accidentally put too much water and melted the form so had to start over again several times.

I hated a instructor who was on a wheel chair with mean grin. Whenever I had to start over, he gave me annoying comments. He might have been frustrated because he has on a wheel chair but that was not my problem. I was almost yell and threw the cray at him but I changed my mind and concentrated on creating the pottery. I was proud of myself that I could totally ignore him. I am growing everyday!



この後、数週間かけて乾燥させてから釜で焼くので、手元に送られてくるのは1ヶ月後になるそうです。手作りのどんぶりでご飯を食べるのが楽しみ♪

These bowls will be dried for a few weeks then they will be baked in a kiln. I will receive the finished products in a month. I am looking forward to having meals with my bowls.

ガラス細工と香水作り Glass art and my original perfume

伊豆では前からやってみたかったことをいろいろ試してみました。まず、ガラス工房でコップ作りに挑戦。

In Izu Kougen, I did some activities that I wanted to try for a long time. First, I went to a glasshouse to make a glass.



ガラスを溶かす釜があるので室内は蒸し暑かった。暑くてイライラしたので、ほとんどこのおにいさんに頼りっきり。

Inside of the glasshouse was very hot because there were some hot kilns to melt glass. I was impatient with the room temperature so this craftsman did almost all the work.





これが完成したコップ。ガラスを吹く強さとか、飲み口を均等に丸くするのが難しかった。
This is the finished product. Blowing glass and making the edge evenly were tough.



その後は、香水博物館というところで、オリジナルの香水をつくってみました。
Then I went to the perfume museum to blend my own perfume.



はじめのうちは注意を聞きながらやってたんだけど、しばらくしたら、何が良い香りなのか、自分はどんな香りを作りたいのかとか、わけがわからなくなりました。でも出来上がりはそんなに悪くなかった。

I was following the instruction in the beginning but after while, I started to get confused and I did not know what scent I was trying to make. After all, my original perfume was not that bad.

2007/07/10

伊豆高原の野生の動物達 Wild Animals in Izu Kougen

先週末は伊豆高原にいってきました。雨で海にいけなかったので、ホテルの周りを散策して、野生の動物達とたわむれました。

Last weekend, I went to a beach resort called Izu Kougen which was 3 hours away from Tokyo by a car. Unfortunately, the weather was not warm enough for swiming so I went for a walk to explore wild lives.

川にはクロコダイルがいました
Many crocodiles were swimming in a river


風太くん発見!
Found a lesser panda but I like giant pandas better.


湖にはフラミンゴがいるし、
Beautiful flamingos were resting in a lake.


200年生きるという大きな亀もいました。伊豆は野生の王国でした!
These turtles live for 200 years! Izu Kougen is a kingdom of wildlife!



暇だったので、熱川バナナワニ園で写真とってきました。ひっそりとした動物園(?)でけっこう面白かった!
I took the photos in this little zoo called "Bananas and crocodiles garden" I loved the combinations!

2007/07/05

善光寺お戒壇めぐり Zenkoji temple, what I fond in the complete darkness

軽井沢にきたついでに善光寺にいってきました。善光寺は仏教が宗派に分かれる以前からの寺院なので無宗派だそうです。

I went to Zenkoji temple near Karuizawa. This is a nonsectarian Buddhist temple because it was built before Buddhism was split into sects.

本堂内では、「お戒壇めぐり」という不思議な体験ができるようになっています。これは、本堂の地下にある真っ暗な回廊を歩いて、極楽の錠前といわれる鍵を探し当てると、死ぬときにこのお寺の秘仏のご本尊がお迎えに来てくださるというもの。これでいつ死んでも安心?

I experienced "Okaidan Meguri" which is going down on the basement of the main building to search for a secret lock in the complete darkness. If you find the lock, Buddha will lead you to heaven when you die. I found the lock so I shall not be afraid of death (?)

小さな階段を降りると一寸先は闇。本当に何も見えないので、天井の高さも、回廊の幅もよくわかりませんでした。「右側の壁を触りながら前に進んでいくように」と、入り口に注意書きがあるにもかかわらず、適当に歩き回って、人にぶつかりながら鍵を探している人がいて、迷いの世界にいる人間を象徴しているようでした。その人がぶつかってくると、イラっとする自分がいたりして、真っ暗闇の中で、人に惑わされないように進んでいくという行為は、人生そのものだなと思いました。

Went down the narrow steps and I entered into the unfathomable darkness. I couldn't see a thing so I did not know the height of the ceiling or the width of the corridor. There was a notice in the entrance said that "go straight by touching the right side of the wall" so I did. When I was searching for the secret lock, I was annoyed by a person who was walking randomly and bumping into me several times.

I felt that she represented people who did not have a belief. They might find a way out without finding the lock, return to the entrance by mistake, find the lock by luck or bump into other people... Their ways are not the best way to find the lock and get out from the darkness.

I also felt that walking in the darkness by touching the right wall was like my life. I was scared of the darkness so I had to tell myself that I did not need to worry because I had a belief (the wall). I wanted to quite several times but after all I was happy to complete the mission!


本堂は1707年に再建され、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。

The main building was built in 1707. This represents Buddhist architecture in mid-Edo Period and this is registered as a national treasure.




2007/07/03

軽井沢の週末 Karuizawa Trip

先週末はエクシブ軽井沢に行ってきました。古いけれど趣のある高原リゾートで本を読んだり、泳いだり、何もしないでボ~っとしたり、いつも通りのんびりと過ごしました。最近の私の悩みは、のんびりしすぎで頭がおかしくなってきていること。

Last weekend, I stayed in XIV Karuizawa hotel which is a private mountain resort, three hours north of Tokyo. The hotel was built about 20 years ago so it was old but I felt history so I was careless about the older facilities. I spent most of my time w/ reading, swimming, and just sitting around in the lounge. I had a relaxing time as usual ;) Recently, I am concerned about my head. I feel that I am losing my mind day by day because I am relaxing too much.

I know that I am right on track but sometimes I get confused and start to wonder the purity of the track that I am on. I assume that one of the reasons of my confusion is having too much free time. Therefore, when I am relaxing too much, I feel that I am losing my mind.

ホテルの敷地は迷子になりそうなほど大きかった。
The hotel was surrounded by woods



夜はライトアップされて幻想的
The night time view was lovely



サンクチュアリ・ヴィラ内の 中国料理レストラン「翠陽」。今回はイタリアンと中華を食べたけど、両方ともすごくおいしかった。
There was a refreshing garden view from a Chinese restaurant in the hotel.



人工的に作られた自然風の庭はお見事!木々の間隔が絶妙でした。
The Garden was created by a highly skilled gardener. Reservoirs, trees, the lawn were well organized in a natural manner.



日の光がたくさん入るラウンジで本を読んでたら、生きている幸せを感じました。
Most of the time of my stay, I was reading in this lounge. I felt peaceful and grateful.

2007/07/01

STAR BEAUTYにインタビュー記事掲載中!

STAR BEAUTY」という美容サイトに私のインタビュー記事が掲載れました。このサイトに載っている人たちは、女優やモデルが多いので、なぜ私・・・?という感じですが、ぜひ見てください!

My article is in a beauty website called "Star Beauty" Most of the interviewees are actresses and models but I am not!