2007/04/24

たまとみかのライブ in 大豪邸

代々木上原の閑静な住宅街でおこなわれた、「たまとみか」のライブにいってきました。銀座で画廊を経営しているという方の別宅らしいです。大きなシャンデリアがキラキラと光る部屋の中は調度品に囲まれていました!





いつも自然体の「たまとみか」は、大豪邸でも、東京タワーでも、ライブハウスでも、うかないのがすごい。

ヘルシーランチ - やさい家めい

表参道ヒルズ内の「やさい家めい」にいってきました。ここは、「野菜をまるごとおいしく食べよう」がコンセプトの和食店。とろろランチセットはとってもヘルシーでおいしかった。



デザートは抹茶でした。

絶品イタリアン - イル ボッカローネ

入り口が布で覆われている、不思議なイタリアンレストラン、イル ボッカローネ(IL BOCCALONE)にいってきました。今夜はアラカルトで、ヤリイカのフライ、チーズの鉄板焼き、アサリのパスタ、カジキマグロの炭火焼と、巨大なチーズの中で作られる、リゾット・パルミジャーノ。



この一年くらい健康のために野菜ばかり食べていたけれど、厳選された素材を使い、心をこめて作られた料理はとても神聖。肉でも魚でも血液を浄化するようだな~と、イタリア人も絶賛するジャパニーズ・イタリアンを食べながら思いました。

芸術的な蕎麦屋 - 三合庵

蕎麦の名店、白金の三合庵にいってきました。ここは小料理屋のような蕎麦屋で、天ぷら、おひたし、煮物も絶品!何がすごいって、それぞれの料理に合わせた上品なお味の出汁がすごいのです。



食事と一緒に飲んだ「鳥飼(焼酎)」の蕎麦湯割りは、一口飲むたびに、口の中でつぼみが開花するような、不思議で幸せな気分にさせてくれました。日本人でよかったと思えるひと時が味わえるお店でした。

2007/04/22

都心にたったひとつのオーベルジュ

最近の私はすこぶる元気でパーティーにいきまくっています。心配してくれた皆様のお気持ちに感謝します。

さて、今夜は都心にたったひとつのオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)である、西麻布アストランスのレセプションにいってきました。B2Fがメインダイニング、B1Fが鮨バー、3Fは宿泊施設のない個室、4Fは一晩に2組限定のオーベルジュになっていました。



ソファーと鉄板焼きができるカウンターのすぐ横には、妖艶な色をはなつジャグジーが!



ジャグジーの隣はベッド・・・。オーベルジュって食事のできるラブホのことだったっけ・・・?お忍びカップルにはいいかも?

一番好きな夜景 - パークハイアット

今夜は空気が澄んでいるので、パークハイアットのバーにいってきました。六本木ヒルズの夜景もきれいだけど、ここの夜景が一番好き。



ラ パティスリー ピエール ガニェール内覧会

新宿高島屋4Fに新しくオープンした「ラ パティスリー ピエール ガニェール」の内覧会にいってきました。ここは世界初!食のピカソといわれている、フランス・ミシュランガイド、三ツ星シェフであるピエール・ガニェールがプロデュースしたカフェなのです。

虹をイメージしたというカーペットとピスタチオ色の壁紙はとても斬新!一見マッチしないのでは?と思われる模様と色の組み合わせが絶妙なハーモニーを奏でている様子は、ピエール・ガニェールの料理を暗喩しているよう・・・



自然光が降り注ぐ店内は、お買い物の合間にゆったりとくつろげる雰囲気。



おいしいシャンパンを飲みながら、カラフルなサンドウィッチとデザートをいただけるようになっています。昼から贅沢な気分だわ~。



それぞれの階層には違う具がはさまれています。ごはん党の私はサンドウィッチは苦手だけど、さすがピエール ガニェール!凡人には絶対にまねのできない、繊細なお味はうなるようなおいしさです!一番気に入ったのは、ほうれん草が練りこまれているパンのサンドウィッチ(写真左下)



デザートももちろん素晴らしい!パリや表参道にあるピエール ガニェールのレストランは敷居が高くて気軽にいけないけれど、「ラ パティスリー ピエール ガニェール」なら気軽に食のアートを楽しむことができます。

「LOHASライフ」が更新されました!

ウーマンズキャリアナビで連載している「LOHASライフ - ヨガのある毎日」が更新されました!今回は骨盤のゆがみを軽減するポーズを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!http://www.womancnavi.jp/life_lohas.php

BALS TOKYO 銀座 オープニングパーティー

BALS TOKYO 銀座店のオープニングパーティーにいってきました。ここはおしゃれなインテリアを扱うお店です。

広い店内を見てまわるだけでも、インテリアデザインの参考になります。


インテリアの一部としてコーディネートできる、めずらしい観葉植物やヨーロッパ製の花器なども売られていました。


壁にかけられたオブジェがかわいかった。

2007/04/08

東京都青ヶ島村の「ひんぎゃの塩」

東京の最後の秘境といわれている青ヶ島村(あおがしまむら)出身の友達から、島の特産品である「ひんぎゃの塩」をいただきました。この村は伊豆諸島の南部に浮かぶ島、人口は192人(2006年7月1日)で東京都に属しています!



島の特産品の一つである「ひんぎゃの塩」は、ポンプで汲み上げた海水から火山の地熱を利用して作られたそうです。ちなみに「ひんぎゃ」は島言葉で「噴気孔のある場所」の意。この塩はまろやかなしょっぱさと甘みが融合した、すごくおいしい塩。大量生産ができないため、とても貴重だとか。高級料亭で使われたりするそうです。

この塩は素材の味を引き立てるので、私は冷奴をひんぎゃの塩につけて食べるのがお気に入り。この塩を食べるたびに、なんだか神聖な気持ちになり、自然のめぐみに感謝しながらいただいています。

馬主席で競馬の日

今日は早起きして、府中にある東京競馬場にいってきました。競馬って、直感で馬券買っても、競馬新聞熟読しても、競馬マニアのアドバイス聞いても当たらない!本当につまらない娯楽!(ちょっと怒り気味)競馬場に来るたびに、もう二度と競馬はやらないと思うんだけど、ついついやっちゃうんだよね。



今日は、残念ながら東京競馬はお休み。馬主席からモニターで桜花賞を楽しみました。



東京競馬場は公園のようになっているけれど、地べたに座り、競馬新聞を真剣なまなざしで読みふけっている人たちがそこらじゅうにいるので、どうにも落ち着けない雰囲気・・・

馬がかわいかった!

自然派インド料理 - ナタラジ

自然派インド料理の「ナタラジ」銀座店にいってきました。インドの伝承医学アーユルウェーダに基づくスパイスや、季節の有機野菜を使った薬膳カレーのお店。アーユルウェーダとは、毎日の生活の中でどのように食事をするのか、行動するのか、心を落ち着かせるのか・・・などを指針してくれる生活に密着した知識だそうです。中国の思想である「医食同源」と似てるかな。



ナタラジでは、マクロビオティックにも対応した、玄米と根野菜のカレーが食べられるそうですが、私は大豆グルテンから作られた、ソイミート入りの「ナタラジカレー」と季節の新鮮野菜がたっぷりの「ベジタブルカレー」をオーダー。焼きたてナンはもっちりとしていて、日本人好みのお味。カレー、ナンとも、すごくおいしくて大満足でした。このお店、前から知ってたから、もっと早く来ればよかった。次回は平日にランチビュッフェにきてみよっと!

2007/04/02

東京桜めぐり

先週から桜が満開!うれしくなって都内の桜の名所をまわってみました。 花見といっても、場所によって随分違うな~。

代々木公園(渋谷区)


週末の代々木公園は花見客で満員!外人さんの姿が多く、インターナショナルな雰囲気。最近、海外のテレビで、「日本人はなぜ桜で喜ぶのか?」番組が放映されたそうですが、外人だってそうとう喜んでたよ・・・。



公園管理局の「大音量で音楽を鳴らさないでください・・・」という呼びかけがむなしく響き渡り、夕方には恒例のトランスのイベントが行われるのが代々木公園流のお花見です。


駒場公園(目黒区)


閑静な住宅街にひっそりとたたずむ駒場公園の朝。静寂の中、咲き乱れる桜を鑑賞するなんて贅沢な気分。週末は上品な家族連れなどがお花見を楽しんでいました。


千鳥ヶ淵(千代田区)


私の一番のお気に入りは、定番だけれど千鳥ヶ淵。 お堀の水面に届くかのように枝をのばす桜は本当に美しい!散歩道には約260本の桜がトンネルをつくっているのも好きな理由の一つ。



でもね、難点は平日の昼間なのにめちゃくちゃ混んでること!お年寄りがいっぱいでした。


靖国神社(千代田区)


千鳥ヶ淵の向かいにある、靖国神社では、毎年恒例の屋台がたくさんでていてお祭りのよう。屋台で何かを買うと、その前の席に座ることができるので、手軽にお花見ができます。




愛宕神社(港区)


愛宕山に登る階段は険しいけれど、小さな神社には桜が満開。

リッツで切れてみた

3月30日は待ちにまった、六本木ミッドタウンのオープンの日。新しいもの好きの私は早速偵察に行ってきました!でもあわててカメラ忘れたので、今日は携帯のカメラで撮影です。



ショッピングとレストラン街は、丸ビルみたいな、空港みたいな、無機質な印象。斬新さが感じられなくてがっかり。でもね、一番がっかりしたのはリッツカールトンのバーでの対応だったの。初日だけど意外にすいていた45階のバー。大きな窓からは東京のまばゆい夜景が美しくみえました・・・と、ここまではよかったんだけど・・・

頼んだものを持ってくるのがすごく遅いの。「極上のおもてなし」が売りこのホテルで、ジントニックとビールを持ってくるのに30分かかったわ!今夜は2時間くらいバーにいて、10回くらい催促したの!この手のホテルなら、目配せでなんでも持ってきてくれるはずなのに!

バーの雰囲気もサービスもマデゥロのほうがいいみたい・・・